コンテンツにジャンプ
邑楽町
Foreign Language

トップページ > 行政情報 > 産業・企業 > 農業 > 野鳥における高病原性鳥インフルエンザについて

野鳥における高病原性鳥インフルエンザについて

更新日:2023年1月6日

令和4年12月31日に館林市内で回収されたオオハクチョウ1羽の死亡個体から高病原性インフルエンザウイルスが検出されました。
環境省では回収地点の周辺半径10km圏内を野鳥監視重点区域に指定(1月28日解除予定)し、野鳥の監視を強化しています。

鳥インフルエンザについて

鳥インフルエンザウイルスは、感染した鳥との濃密な接触等があった場合を除いて、人には感染しないと考えられています。

日常生活において、野鳥の排泄物等に触れた場合でも手洗いとうがいをしていただければ、過度に心配する必要はありません。

死亡している野鳥を発見した場合

野鳥は細菌や寄生虫などの病原体を持っていることがあるため、素手で触らないでください。

水鳥(カモ・ハクチョウ等)や猛禽類(タカ・ワシ等)が死亡している場合や、同じ場所で複数の野鳥などが死亡している場合は、農業振興課へご連絡ください。

このページに関する問い合わせ先

農業振興課 農政係

郵便番号:370-0692
住所:群馬県邑楽郡邑楽町大字中野2570番地1
窓口の場所:役場庁舎1階6番窓口

直通電話:0276-47-5025
ファクス番号:0276-88-3247

このページに関するアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見やすかったですか?
このページは探しやすかったですか?

寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。
なお、個別の回答は行いません。住所・電話番号などの個人情報を含む内容は記入しないでください。