○邑楽町立児童館の設置及び管理等に関する条例施行規則

昭和62年6月3日

規則第9号

(目的)

第1条 この規則は、邑楽町立児童館の設置及び管理等に関する条例(昭和41年邑楽町条例第1号)の施行に関し、必要な事項を定めるものとする。

(使用の手続)

第2条 児童は、邑楽町立児童館(以下「児童館」という。)を使用しようとするときは、児童館使用簿(第1号様式)に必要事項を記入しなければならない。

2 団体が児童館を使用しようとするときは、児童館使用承認申請書(第2号様式)を提出し、町長の許可を受けなければならない。

(使用権の譲渡禁止)

第3条 児童館の使用許可を受けた者(以下「使用者」という。)は、その使用権を譲渡してはならない。

(原状回復の義務)

第4条 使用者は、児童館の使用を終了したとき又は停止されたときは、直ちに当該施設等を原状に復さなければならない。

2 使用者が前項の義務を履行しない場合は町長は代って、これを執行しその経費を、使用者から徴収することができる。

(使用者の守るべき事項)

第5条 児童館の使用者は、次の各号に掲げる事項を守らなければならない。

(1) 使用者は、使用について係員の指示に従うこと。

(2) 火気については、特に注意すること。

(3) 危険物及び危険の発生のおそれのあるものを持ち込まないこと。

(開館時間)

第6条 児童館の開館時間は次による。ただし、町長が特に必要があると認めるときは、これを変更することができる。

児童館名

開館時間

邑楽町立中央児童館

午前9時から午後6時30分まで(ただし、土曜日並びに小学校及び中学校の学年始め、夏季、冬季及び学年末の休業日については、午前8時30分から午後6時30分とする。)

邑楽町立北児童館

邑楽町立南児童館

邑楽町立東児童館

(休館日)

第7条 休館日は、次の事項に掲げるとおりとする。

(1) 日曜日

(2) 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日

(3) 12月29日から翌年1月3日までの日(前号に掲げる日を除く。)

(4) その他町長が必要と認めた日

(職員の職務)

第8条 館長は、上司の命を受け児童館の業務を掌理し、職員を指揮監督する。

2 児童厚生員は、館長の命を受け児童の指揮に当たる。

3 その他の職員は、上司の命を受け児童館の事務その他の業務に当たる。

(運営委員会の任務)

第9条 児童館運営委員会(以下「委員会」という。)は、町長の諮問に応じ、児童館における各種の事業の企画実施について調査審議する。

(委員会の役員)

第10条 委員会に次の役員を置く。

会長 1名

副会長 1名

2 役員の選出については、委員の互選による。

(役員の任務)

第11条 役員の任務は、次のとおりとする。

(1) 会長は、会務を総理し、会議の議長となる。

(2) 副会長は、会長を補佐し、会長に事故があるときは、その職務を代理する。

(会議)

第12条 委員会は、会長が招集する。

2 会議は出席委員の過半数で決し、可否同数のときは議長が決する。

(庶務)

第13条 委員会の庶務は、児童館事務局において処理する。

(委任)

第14条 この規則に定めるもののほか、必要な事項については、町長が別に定める。

附 則

1 この規則は、公布の日から施行し、昭和62年4月1日から適用する。

2 邑楽町立児童館使用規則(昭和41年邑楽町規則第1号)は廃止する。

附 則(平成10年規則第8号)

この規則は、平成10年4月1日から施行する。

附 則(平成12年規則第7号)

この規則は、平成12年4月1日から施行する。

附 則(平成14年規則第9号)

この規則は、平成14年4月1日から施行する。

附 則(平成18年規則第1号)

この規則は、平成18年4月1日から施行する。

画像

画像

邑楽町立児童館の設置及び管理等に関する条例施行規則

昭和62年6月3日 規則第9号

(平成18年4月1日施行)