コンテンツにジャンプ
邑楽町
Foreign Language

トップページ > 健康・福祉 > 健康・医療 > 健診・予防接種 > 新型コロナワクチン

新型コロナワクチン

更新日:2021年6月1日

現在承認されて接種できるワクチンは2種類です。今後、承認されたワクチンが増えた場合でも、1回目と2回目のワクチンは同一である必要があります。
妊婦や授乳している人は、主治医と相談し、予防接種上の有益性が、危険性を上回ると判断される場合にのみ接種が受けられます。

接種間隔・回数

コミナティ(ファイザー社)

  • 3週間の間隔をあけて2回
  • 対象年齢12歳以上

COVID-19 ワクチンモデルナ(武田/モデルナ社)

  • 4週間の間隔をあけて2回
  • 対象年齢18歳以上

新型コロナワクチンの有効性・安全性について(厚生労働省)(外部サイトへリンクします

ワクチンや副反応について

ワクチンや副反応についての詳細は、厚生労働省ホームページを参照ください。

厚生労働省:新型コロナワクチンについてのQ&A

副反応が起きた場合の予防接種健康被害救済制度

予防接種では、健康被害(病気になったり障害が残ったりすること)が起こることがあります。極めてまれではありますが、なくすことができないことから、救済制度が設けられています。新型コロナワクチンの予防接種によって健康被害が生じた場合にも、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金の給付)が受けられます。
救済制度の詳細については、下記をご覧ください。

予防接種健康被害救済制度(厚生労働省)(外部サイトへリンクします)

このページに関する問い合わせ先

健康福祉課 保健センター

郵便番号:370-0603
住所:群馬県邑楽郡邑楽町大字中野2570番地3
窓口の場所:役場庁舎東側

直通電話:0276-88-5533
ファクス番号:0276-88-5528

このページに関するアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見やすかったですか?
このページは探しやすかったですか?

寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。
なお、個別の回答は行いません。住所・電話番号などの個人情報を含む内容は記入しないでください。