コンテンツにジャンプ
邑楽町
Foreign Language

トップページ > 健康・福祉 > 健康・医療 > 健診・予防接種 > 新型コロナワクチン接種後の心筋炎・心膜炎について

新型コロナワクチン接種後の心筋炎・心膜炎について

更新日:2021年10月25日

新型コロナウイルスワクチン接種後、ごくまれに、心筋炎・心膜炎(以下、心筋炎等)を発症した事例が報告されています。なかでも10・20代の男性の2回目接種後4日程度の間に多い傾向があります。

厚生労働省のワクチン分科会では、10・20代の男性で新型コロナウイルスに感染した場合に合併症として発症する心筋炎等より発生頻度は低いものの、モデルナ社製ワクチンよりファイザー社製ワクチン接種後の心筋炎等の発症頻度が低いことから、接種するワクチンの変更を選択できるとの見解が示されました。

副反応/心筋炎等01副反応/心筋炎等02
厚生労働省からのお知らせ(厚生労働省ホームページへ移動します)

ワクチンを変更できる対象者

  • 10・20代男性で1回目にモデルナ社製ワクチンを接種して、2回目が未接種の人

変更方法

新型コロナワクチンコールセンターへ電話する
電話:0276-47-5033

注意事項

  • ファイザー社製ワクチン接種後にも心筋炎等が発症した事例が報告されています
  • 1回目の接種(モデルナ社製)から4週間以上間隔をあける必要があります

引き続きワクチンの接種をご検討ください

新型コロナウイルス感染症に感染した場合も、心筋炎等になることがあります。感染症による心筋炎等の頻度に比べると、ワクチン接種後に発症する頻度は低いことがわかっています。

新型コロナワクチンには発症を予防する高い効果があり、また、重症化を予防する効果も報告されていますので、引き続きワクチン接種をご検討ください。

ただし、ワクチン接種はご本人の意思に基づき受けていただくものです。接種によるメリットとデメリットを比較し、ご本人が納得した上で接種をご判断ください。

お問い合わせ

邑楽町新型コロナワクチンコールセンター
(土日祝日を除く午前8時30分から午後5時)

郵便番号:370-0603
住所:群馬県邑楽郡邑楽町大字中野2570番地3 保健センター内
電話:0276-47-5033

このページに関するアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見やすかったですか?
このページは探しやすかったですか?

寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。
なお、個別の回答は行いません。住所・電話番号などの個人情報を含む内容は記入しないでください。