コンテンツにジャンプ
邑楽町
Foreign Language

トップページ > くらし・手続き > 保険・年金 > 後期高齢者医療 > 後期高齢者医療保険料の新型コロナウイルス感染症にかかる減免制度

後期高齢者医療保険料の新型コロナウイルス感染症にかかる減免制度

更新日:2021年7月1日

新型コロナウイルス感染症の流行に伴い、次の対象条件に当てはまる方は、申請により後期高齢者医療保険料が減免される場合があります。

対象条件

1.新型コロナウイルス感染症により、世帯の主たる生計維持者が死亡し、または重篤な傷病を負った方。

2.新型コロナウイルス感染症の影響により、世帯の主たる生計維持者の令和3年中の事業収入等(事業収入、不動産収入、山林収入、給与収入)の減少が見込まれ、次の1~3の条件全てに該当する方。

1世帯の主たる生計維持者の事業収入等のいずれかの減少額(保険金、損害賠償等により補填されるべき金額を控除した額)が、令和2年分の事業収入等の額の3割以上であること。

2世帯の主たる生計維持者の令和2年分の合計所得金額が、1,000万円以下であること。

3世帯の主たる生計維持者の減少することが見込まれる事業収入等に係る所得以外の令和2年分の所得の合計額が、400万円以下であること。

減免の対象となる保険料

令和3年度保険料

令和3年4月1日から令和4年3月31日までの間に納期限(特別徴収の場合は年金支払い日)が設定されている保険料額

令和2年度保険料

令和3年4月1日から令和4年3月31日までの間に納期限(特別徴収の場合は年金支払い日)が設定されている保険料額

(令和2年度保険料については、「対象条件」及び「保険料減免額及び算定方法」における、令和3年令和2年に、令和2年令和元年に読み替えます)

保険料減免額及び算定方法

対象条件1の場合

「減免の対象となる保険料」の全額免除

対象条件2の場合

「減免の対象となる保険料」の一部を減免→計算手順は下記のとおりです。

計算手順

手順1:対象保険料額を下記の計算式で算出します。

対象保険料額=A×B/C
A:同一世帯に属する被保険者について算定したそれぞれの保険料額
B:世帯の主たる生計維持者の減少が見込まれる収入にかかる前年の所得額
C:主たる生計維持者及び世帯の被保険者全員の前年の合計所得金額

手順2:下記の表に当てはめて、減免割合を計算します。

減免割合(D)
前年の合計所得金額 減免割合
300万円以下の場合 10分の10(全部)
400万円以下の場合 10分の8
550万円以下の場合 10分の6
750万円以下の場合 10分の4
1,000万円以下の場合 10分の2

注:世帯の主たる生計維持者の事業等の廃止や失業の場合には、前年の合計所得金額にかかわらず、対象保険料の全部が免除になります。

B又はCが「0円」又は「マイナス」の場合は、対象保険料額を算出することができないため、ご申請頂いても保険料は減免できませんのでご注意ください。

提出書類

下記の減免申請書及び収入申立書を記入し、その他必要な書類を添えて、役場税務課に提出してください。郵送での申請も受け付けています。郵送の場合は、後日確認のためご連絡する場合があります。

対象条件1に該当する方下記の申請書(様式1)のほか、医師の診断書の写し等

対象条件2に該当する方下記の申請書(様式1)及び申請書(様式2)のほか、収入(所得)が確認できる書類等

 ●減免申請書(様式1)令和3年度分<Word:19.4KB>

収入申立書(様式2)令和3年度分<Word:23.5KB>

減免申請書(様式1)令和2年度分<Word:19.4KB>

収入申立書(様式2)令和2年度分<Word:23.5KB>

記載例<Word:38.2KB>

申請期限

令和4年5月31日まで

 詳しくは税務課・住民課にお問い合わせください。

お問い合わせ

税務課 諸税係
窓口の場所:役場庁舎1階2番窓口
直通電話:0276-47-5013
ファクス番号:0276-88-3247

住民課 国民健康保険係
窓口の場所:役場庁舎1階3番窓口
直通電話:0276-47-5020
ファクス番号:0276-88-3247

郵便番号:370-0692
住所:群馬県邑楽郡邑楽町大字中野2570番地1

このページに関するアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見やすかったですか?
このページは探しやすかったですか?

寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。
なお、個別の回答は行いません。住所・電話番号などの個人情報を含む内容は記入しないでください。