メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > おうらの見どころ > 多々良沼の白鳥

多々良沼の白鳥

更新日:2019年4月18日

白い旅人舞い降りる

毎年、邑楽町には白い旅人白鳥たちが数多く飛来し、その翼を休めています。

飛来するのは主にコハクチョウ。オオハクチョウも数羽います。

例年11月下旬に遠くシベリアからやって来て、翌年3月中旬ごろには、北へと帰っていきます。

最も多くなるのは、1月下旬から2月上旬。コハクチョウは、体長1.2メートルくらいで、翼をひろげた長さは約1.8メートルもあります。

雌雄同色で、成鳥は純白で幼鳥は灰色。いつも家族一緒に行動しています。

邑楽町から白鳥を見るお勧めスポット

  • 多々良沼の浮島弁財天から見る。
  • 多々良沼の通称ガバ沼から見る。ガバ沼は、県立多々良沼公園の一番西に位置している沼。
注:天候や時間により、観察できる場所が変わることがあります。
  • ノスタルジック
  • 朝もやの中を