ホーム > 町の魅力 > 町の魅力・みどころ > 白鳥の湖

ここから本文です

白鳥の湖

ガバ沼のコハクチョウ

邑楽町と館林市にまたがる多々良沼に、シベリアから白鳥が初めて飛来したのは昭和53年(1978年)12月でした。その後、年々飛来数が増えてきましたが、平成4年(1992年)のシーズン途中から、現在の「ガバ沼(通称)」に移動。それ以後は、毎年ガバ沼に飛来するようになりました。
飛来するのは主にコハクチョウですが、オオハクチョウも来ることがあります。例年、11月初めにやって来て、翌年3月中旬から下旬に帰っていきます。もっとも多くなるのは、1月下旬から2月上旬です。
コハクチョウの体長は約1.2メートルで、翼を広げた長さは約1.8メートルです。色は成鳥が純白、幼鳥は灰色で、いつも家族一緒に行動しています。好物はマコモなどの水生植物ですが、給餌では麦、パンなどを好んで食べているようです。

白鳥の飛来数

 

ガバ沼へのアクセス

白鳥のえさを集めています。ご協力いただける方は邑楽町役場産業振興課 電話0276-47-5026までご連絡ください。

 

白鳥写真館

 

白鳥飛来状況

年度 平成22 平成23 平成24 平成25 平成26 平成27 平成28 平成29
226 166 190 193 175
年度 平成14 平成15 平成16 平成17 平成18 平成19 平成20 平成21
118 84 99 601 126 149 140 200
年度 平成6 平成7 平成8 平成9 平成10 平成11 平成12 平成13
140 140 88 68 107 141 128 128
年度 昭和61 昭和62 昭和63 平成元 平成2 平成3 平成4 平成5
42 70 46 70 130 98 108 131
年度 昭和53 昭和54 昭和55 昭和56 昭和57 昭和58 昭和59 昭和60
2 5 6 11 22 21 25 44

 

お願い

白鳥は、何千キロも離れた遠いシベリアから、越冬のためにこの沼を選んで飛んで来た大事なお客様です。白鳥は警戒心が強く、一度危険な目にあった場所には近づきません。白鳥が安心して越冬できるように、次のことにご協力ください。

  1. 犬などのペットを連れての白鳥観察はしないでください
  2. フラッシュを使用してのカメラ撮影はしないでください
  3. その他、白鳥を驚かせるような行為はしないでください

 

お問い合わせ先

商工振興課  commerce@swan.town.ora.gunma.jp

電話:0276-47-5026(直通)  FAX:0276-88-3247  お問い合わせフォーム

 

ページの先頭へ