ホーム > ライフステージ > 結婚・離婚 > 離婚の届出(ライフステージ:結婚・離婚)

ここから本文です

離婚の届出(ライフステージ:結婚・離婚)

離婚届

離婚するときは、離婚届を出してください。

手続き

いつ

協議離婚の場合は、特に決まりはありません。届出を受理した日から法律上の効力が発生します。調停や裁判による離婚の場合は、成立・確定の日から10日以内

どこに

本籍地または所在地の市区町村役場

だれが

夫、妻。調停や裁判による離婚の場合は、申立人

必要なものは

  1. 離婚届
  2. 届出人(夫、妻)の印鑑(朱肉を使うもの)
  3. 戸籍謄本または戸籍の全部事項証明書(邑楽町に本籍がない人の場合)
  4. 調停調書の謄本(調停離婚のとき)
  5. 和解調書の謄本(和解離婚のとき)
  6. 認諾調書の謄本(認諾離婚のとき)
  7. 審判書の謄本と確定証明書(審判離婚のとき)
  8. 判決書の謄本と確定証明書(判決離婚のとき)
  9. 本人確認書類(運転免許証やパスポート、写真付住基カードなど)

注意事項

協議離婚の離婚届には、届出人2人の署名押印(朱肉を使うもの)のほか、成人の証人2人の署名押印(朱肉を使うもの)が必要です。
婚姻したときに姓を変えた場合は、離婚により旧姓に戻ります。引き続き、婚姻中の姓を使い続ける場合は、別途届出が必要になります。
住所の変更がある場合は、別途、転居届、転出届などの手続きが必要になります(住民異動届のページをご参照ください)。
未成年の子どもがいる場合は、父母いずれかが親権者になるかを決めてください。
子どもの姓を変えたり、離婚後の戸籍に入れたりする場合は、別途、入籍届が必要になります。
外国籍の方との離婚の場合は、お問い合わせください。

お問い合わせ先

住民課  citizen@swan.town.ora.gunma.jp

電話:0276-47-5016(直通)  FAX:0276-88-3247  お問い合わせフォーム

 

 

国民健康保険

国民健康保険の加入者で、離婚により住所や氏名が変わったときは、届出をしてください。
また、職場の健康保険に入ったときや、職場の健康保険の扶養家族でなくなったときも、届出が必要です。

手続き

いつ

14日以内

どこに

庁舎1階の住民課

だれが

本人または同居の親族

必要なものは

  1. 住所・氏名等の変更の場合:国民健康保険証、印鑑
  2. 職場の健康保険に入った場合:新しい健康保険証、国民健康保険証、印鑑
  3. 職場の健康保険の扶養家族でなくなった場合:社会保険離脱証明書、印鑑

すべてのお手続きで世帯主と対象者のマイナンバーカードまたは通知カードと身元確認書類が必要になります。

お問い合わせ先

住民課  citizen@swan.town.ora.gunma.jp

電話:0276-47-5020(直通)  FAX:0276-88-3247  お問い合わせフォーム

 

国民年金

離婚により氏名が変わったときは、変更届を出してください。
また、会社員の配偶者などで第3号被保険者(専業主婦・主夫など)だった人は、第1号被保険者への種別変更の手続きを行ってください。

手続き

いつ

14日以内

どこに

庁舎1階の住民課

だれが

本人または同居の親族

必要なものは

  1. 年金手帳
  2. 印鑑
  3. 社会保険離脱証明書

なお、第3号被保険者(専業主婦・主夫など)だった人が、離婚後、会社などに勤めて給与所得者になるときは、勤務先で第2号被保険者(会社員・公務員など)への種別変更の手続きを行ってください。

お問い合わせ先

住民課  citizen@swan.town.ora.gunma.jp

電話:0276-47-5015(直通)  FAX:0276-88-3247  お問い合わせフォーム

 

ページの先頭へ