ホーム > ライフステージ > 住宅・引越 > 支援サポート(ライフステージ:住宅・引越し)

ここから本文です

支援サポート(ライフステージ:住宅・引越し)

勤労者住宅資金

勤労者に住宅の建築または取得に必要な資金を融資し、勤労者の住宅建設促進と生活の向上に役立てていただくための制度です。

対象者

町内に自己の居住する住宅を建築または取得しようとする、町内に居住または勤務している勤労者

融資限度額

 500万円

返済期間

 20年以内

お問い合わせ先

商工振興課  commerce@swan.town.ora.gunma.jp

電話:0276-47-5026(直通)  FAX:0276-88-3247  お問い合わせフォーム

 

太陽光発電システム

町では、環境への負荷の少ないクリーンエネルギー普及促進のため、予算の範囲内で住宅用太陽光発電システムを設置した人への補助を行っています。

対象者

自ら居住する町内の専用住宅または併用住宅(居住部分が2分の1以上であること)に太陽光発電システム(最大出力10キロワットみまm)を設置された人または町内に自ら居住するための発電システム付き住宅(発電システムは未使用であること)を購入された人で、平成22年4月1日以降に引き渡しを受けた人。

補助金額

太陽電池モジュール1キロワットあたり2万円で、上限が6万円です(千円未満は切り捨て)。

補助台数

1発電システムにつき1回限りとし、かつ1申請者あたり1回限りです。

申請方法

発電システムの設置完了日から60日以内に、下記の必要書類を安全安心課までご提出ください。

  • 補助金交付申請書兼実績報告書
  • 補助金交付請求書
  • 仕様書の写し
  • 設置に要した費用に係る領収書及び内訳書の写し(発電システム付き住宅を購入した場合は、住宅購入に係わる売買契約書及び領収書の写し)
  • 電力会社との電力受給契約申込書及び購入電力量のお知らせの写し
  • 設置状態を示す写真
  • 設置場所の案内図

※注意点

  • 必ず安全安心課に持参してください。(郵送は不可)
  • 代理人による提出は可能です。
  • 書類を訂正する場合は、二重取り消し線を引き、訂正印を捺印してください。

 

申請書ダウンロード「住宅用太陽光発電システム設置費補助金交付申請書

お問い合わせ先

安全安心課 safe@swan.town.ora.gunma.jp

電話:0276-47-5036(直通)  FAX:0276-88-3247  お問い合わせフォーム

 

水洗便所改造資金融資あっせん

既設のくみ取りトイレを水洗トイレに改造したり、浄化槽を廃止して下水道に直接流したりする場合には、工事資金の融資あっせんを受けることができます。借り入れにかかる利子を町が負担しますので無利子となります。お気軽にご利用ください。

対象者

  1. 公共下水道に接続する人
  2. 改造工事をしようとする建築物の所有者で町内に住所のある人、または所有者の承諾を得た使用者
  3. 下水道受益者負担金及び町税等を滞納していない人
  4. 指定金融機関が、融資を受けた資金の返済能力があると認めた人
  5. 供用開始の告示日から3年以内に改造工事を行う人
  6. 確実な連帯保証人がある人

工事の範囲

邑楽町が指定した下水道指定工事店が施行した、排水設備の工事に限ります。大工工事、電気工事等の費用は対象外です。

融資額

融資は1万円単位で、下表の額の範囲内です。

対象区分 上限 下限
一般住宅 くみ取りトイレの改造 60万円 10万円
浄化槽を廃止して公共下水道に接続 30万円 10万円
複数の賃貸住宅又は事業等 60万円 10万円

申込方法

改造工事に取りかかる前に「水洗便所改造資金等融資あっせん申請書」に、必要事項を記入し、庁舎1階の安全安心課に提出してください。
3か月以内に工事を完成させ、町の工事完了検査後、取扱金融機関所定の借入申込書により融資の手続きをしてください。

返済方法

融資を受けた翌月から、36か月以内で月賦償還とします。

お問い合わせ先

安全安心課 safe@swan.town.ora.gunma.jp

電話:0276-47-5037(直通)  FAX:0276-88-3247  お問い合わせフォーム

 

浄化槽廃止補助金

下水道が整備されると、水洗トイレから直接下水道へ流せることになりますので、今まで浄化槽(単独・合併)を使用している場合は、浄化槽の必要がなくなり、これを廃止していただくことになります。
廃止の方法として、浄化槽の上部を切断し、下部に穴を開けて消毒したあとに、埋めてしまう方法が多くとられています。

対象者

次のすべての条件に当てはまる人

  1. 下水道供用開始前に浄化槽が設置され、その浄化槽を使用している人
  2. 下水道供用開始後3年以内に公共下水道に接続した人
  3. 受益者負担金及び町税等の滞納がない人

補助金額

25,000円を補助金として交付します(ただし、浄化槽廃止工事に要する費用が50,000円以下の場合は、その費用の2分の1を交付します)。

補助金交付

町が排水設備等の工事完了を検査し、合格後に交付します。

申込方法

「浄化槽廃止補助金交付申請書」に、必要書類を添えて、安全安心課に提出してください。

お問い合わせ先

安全安心課 safe@swan.town.ora.gunma.jp

電話:0276-47-5037(直通)  FAX:0276-88-3247  お問い合わせフォーム

 

合併処理浄化槽

合併処理浄化槽を設置すると、国・県・町からの補助を受けることができます。また、下水道の認可区域でも供用開始前であれば補助を受けることができます。
家の新築・改築の際には、ぜひこの制度を利用して水質浄化にご協力ください。

補助金額等の詳細はこちら(「浄化槽設置整備事業補助金について」のページ)

お問い合わせ先

安全安心課 safe@swan.town.ora.gunma.jp

電話:0276-47-5037(直通)  FAX:0276-88-3247  お問い合わせフォーム

 

住宅リフォーム補助金制度

町では、地域経済の活性化や町民の居住環境の向上を図るため、町民が町内の施工業者を利用して、個人住宅のリフォームを行う場合に、その経費の一部を助成します

対象となる人

  • 町内に在住で、住民登録をしている人

  • 町税等滞納がない人

  • 当該工事について、町で実施している他の制度による住宅の改造、補修に係る助成金を受けていないこと

補助対象となるリフォーム 

  • 自らが町内に所有し、かつ居住する住宅

  • 住宅に居住部分以外の部分がある場合は、自ら居住する部分

対象となる工事 

  • 町内の施工業者による住宅リフォーム

  • 工事費(消費税除く)が20万円以上

  • 住宅の機能維持・機能向上を目的に行う住宅本体の改修、模様替え、増改築等のリフォーム

  • 住宅の増改築、内装、外装工事・建具工事(戸、障子、襖)・畳の張替え・硝子工事(アルミサッシ、戸)・台所、トイレ、風呂等の水周り工事など

対象とならない工事 

  • 駐車場やフェンス等の住宅本体以外の工事。物置、車庫、別棟離れの建築工事・家電製品、家具、備品の購入設備など

補助金額 

  • 対象工事費(消費税別)の10%

  • 最高限度額20万円(ただし、1,000円未満は切捨て)

申請書類等 

※工事を始める1週間前までに、商工振興課へ交付申請して下さい。工事着工後や工事施工後の申請はできません。

※工事実施については、交付決定通知到着後に着工してください。

※1住宅1回限りの補助となります

お問い合わせ先

商工振興課  commerce@swan.town.ora.gunma.jp

電話:0276-47-5026(直通)  FAX:0276-88-3247  お問い合わせフォーム

 

ページの先頭へ