ホーム > ライフステージ > 住宅・引越 > 上下水道

ここから本文です

上下水道(ライフステージ:住宅・引越し)

上水道について

平成28年4月1日から太田市、館林市、みどり市、板倉町、明和町、千代田町、大泉町と水道に関する業務を統合し、群馬東部水道企業団として事業を開始しました。
統合することで、水道に関するさまざまな手続きの方法が変わります。
それに伴い、水道課は廃止となり、水道課下水道係は安全安心課に統合されましたのでご注意ください。

「町の上水道について(暮らしのガイド)」のページ

 

下水道について

町では、平成12年以降、順次下水道の供用区域を広げています。
下水道の工事が終わると、下水道を使用することができる日(供用開始日)と排水区域などが告示されます。
供用開始日からは、汚水を下水道へ流すことができるようになり、水洗トイレは浄化槽がなくても使用できます。
供用開始になった区域内の各家庭では、くみ取りトイレを水洗トイレに改造する工事、風呂や台所からの汚水を下水道に接続するための排水設備の改造工事を3年以内に実施することが義務づけられています。 また、浄化槽を使用している家庭も、速やかに改造工事を実施していただくことになります。
排水設備の工事は、適正な施工をするため、町が指定した「公共下水道排水設備指定 工事店」でなければ実施することはできません。
工事を実施するときは、町への手続きが必要になりますが、下水道指定工事店が代行する制度になっています。
また、どの下水道指定工事店が実施しても同一の工事になるよう設計することになっています。

下水道排水設備指定工事店名簿へ PDFファイル (80KB)

なお、既設のくみ取りトイレを水洗トイレに改造したり、浄化槽を廃止して下水道に直接流したりする場合の、工事資金の融資あっせんを行っています。詳しいことは、水洗便所改造資金融資あっせんのページをご覧ください。
既存の浄化槽を廃止する場合も、補助金を交付しています。詳しいことは、浄化槽廃止補助金のページをご覧ください。

お問い合わせ先

安全安心課 safe@swan.town.ora.gunma.jp

電話:0276-47-5037(直通)  FAX:0276-88-3247  お問い合わせフォーム

 

ページの先頭へ