ホーム > 暮らしのガイド > 仕事・産業 > 邑楽町の農畜産物について

ここから本文です

邑楽町の農畜産物について

はくさい

邑楽町は、白菜の生産が盛んで、特に「邑美人(むらびじん)」というブランドの白菜が甘みたっぷりです。漬け物、鍋物に最適です。1月から2月が旬です。

 

にがうり

邑楽町を含む館林邑楽地域は、関東でも有数のにがうりの産地です。まんじゅうやつくだ煮などの加工品も大人気です。
広報おうら(平成27年7月号)で、特集として取り上げました。

 

広報おうら特集ページ(平成27年7月号) PDFファイル (2,697KB)

しめじ

「邑楽しめじ」のブランド名で生産販売されています。その他にはヒラ茸やあわび茸も、年間を通して栽培されています。

 

トマト

糖度が高い「桃太郎」などの人気品種のハウス栽培による生産が盛んです。生食でも加熱してもおいしく食べられます。

 

いちご

高島地区で「おうら苺」のブランドで出荷されています。「女峰」や「とちおとめ」に加え、群馬生まれの「やよいひめ」も人気が上昇中です。

 

かぼちゃ

長柄地区で栽培が盛んで、栄養価の高い野菜の一つです。ホクホクしたおいしい味をご堪能ください。

 

ちぢみほうれんそう

近年、町内で多く栽培されています。昔懐かしい味の健康野菜で、12月下旬から2月末までの期間出荷されています。

 

なす

夏秋の露地栽培での生産が盛んです。皮に栄養価がびっしり詰まっていて、漬け物や焼いて食べるとおいしいです。

 

上州牛

新鮮で生産者の見える上州牛は、深いうまみがありとてもおいしいと人気です。

 

 

お問い合わせ先

農業振興課  industrial@swan.town.ora.gunma.jp

電話:0276-47-5025(直通)  FAX:0276-88-3247  お問い合わせフォーム

 

ページの先頭へ