ホーム > 暮らしのガイド > 教育・文化・スポーツ > 邑楽町中央公民館に関するお知らせ > 邑楽町中央­公民館建設­事業について­ > 中央公民館建設設計業者の民事再生手続について

ここから本文です

中央公民館建設設計業者の民事再生手続について

町が中央公民館建設工事の実施設計業務を委託・発注している(株)日総建(東京都渋谷区)が、平成27年6月29日に東京地方裁判所に民事再生手続の申立てを行い、受理されました。このことは新聞紙上でも報道され、町民の皆様には、大変なご心配をお掛けしております。
 今後、(株)日総建では、裁判所の監督のもと再生手続を進めていき、監督委員の弁護士の指導のもとで、再生計画を策定していくことになります。再生計画の中に邑楽町の中央公民館建設設計業務がどのように位置づけられるかは、現段階では不透明となっています。
 町としては、(株)日総建の再生計画の策定中も、事業に遅れが出ないよう引き続き実施設計の検討作業を継続しながら、その一方で、今後想定されるあらゆる可能性に対応できるように、研究と準備に当たっていく所存です。
 今後、事態の推移を注意深く見守っていくと共に、新たな展開等がありましたら、その都度町民の皆様にお知らせいたしますので、よろしくお願い申し上げます。

民事再生手続とは
経済的に窮地にある債務者について、債権者及び発注者の協力を得て事業の再生を図る民事再生法に基づく裁判手続きです。破産とは違い、事業再建の法的手続で、業務自体は、現経営者のもとで継続していきます。

 

お問い合わせ先

生涯学習課  further-ed@swan.town.ora.gunma.jp

電話:0276-47-5043  FAX:0276-89-0136  お問い合わせフォーム

 

ページの先頭へ