ホーム > 暮らしのガイド > 戸籍・住民票・登録 > 住民基本台帳ネットワークについて

ここから本文です

住民基本台帳ネットワークについて

住民基本台帳ネットワーク(住基ネット)とは、市区町村ごとに管理している住民基本台帳を結び、行政機関(国や地方公共団体など)で全国共通の本人確認を行うための制度です。
次のようなサービスが提供されます。

 

住民基本台帳カードの発行

希望する人には、住民基本台帳カードを発行します。これは、本人確認情報が記録されたものです。記載事項が名前だけのカード(写真右上)と、名前・生年月日・性別・住所・顔写真のカード(写真右下)の2種類あります。このカードは転入転出の簡素化や住民票の広域交付に利用できます。また写真付きのカードは身分証明書としても利用できます。
申請方法などは、次のとおりです。なお、カードの発行には約10日かかります。

費用 500円
申請に必要なもの
  • 所定の申請書と運転免許証など、官公署が発行する写真付きの証明書、印鑑。
  • 顔写真付きのカードを希望する場合は、役場住民課で無料撮影を行います。持参する場合は、6か月以内 に撮影した正面・無帽・無背景で、縦4.5センチメートル×横3.5センチメートルのもの。

申請書は住民課にあります。

申請・カード受取先 住民課
カードの受け取りにも、官公署が発行する写真付きの証明書が必要です。

写真付きの証明書がない方は、住民課へお問い合わせください。

転入転出の手続きが簡単に!

住民基本台帳カードを持っている人は、転入先の市区町村の窓口に行って手続きするだけで済みます。
手続きの流れは、次のとおりです。

  1. 転出する旨など必要事項を記入した書類を旧住所地の市区町村に郵送する
  2. 旧住所地に 1で郵送した書類が到着したころ、もしくは到着を確認したら、新住所地の市区町村の窓口へ行き、住民基本台帳カードを提示して手続きをする

転入してから14日を経過すると、通常の手続きが必要になります。
旧住所地で発行した保険証等は、郵送等で旧住所地の市区町村に返却していただく必要があります。

 

お問い合わせ先

住民課  citizen@swan.town.ora.gunma.jp

電話:0276-47-5015(直通)  FAX:0276-88-3247  お問い合わせフォーム

 

ページの先頭へ