ホーム > 暮らしのガイド > 健康・福祉 > 高齢者への支援について

ここから本文です

高齢者への支援について

高齢者の親睦のために 「老人クラブ」

老人クラブは、高齢者が交流を深め、生活を豊かに過ごすために結成されたクラブです。老人クラブに加入を希望する人は、最寄りの老人クラブに申し込んでください。

高齢者のいこいの施設 「邑楽町福祉センター寿荘」

福祉センターは、高齢者の仲間づくり、生きがいづくりの施設です。健康な毎日を送っていただくため、俳句、民謡おどり、編み物、詩吟、茶道、健康カラオケ、ダンス等の教室をはじめとして、生きがい講座や各種大会なども行っています。

所在地 邑楽町大字中野1343番地1
連絡先 電話0276-88-6588
利用料金 町内の人
65歳以上 無料
60歳以上 65歳未満 100円、60歳未満 200円

町外の人 300円
申込方法 年齢、住所のわかる証明書を持参して窓口へ。
利用時間 午前9時30分~午後4時  (浴室:午前10時30分~午後3時30分)
休日 年末年始、国民の祝日、日曜日

 

高齢者や重度障害者にホームヘルパーを派遣

ホームヘルパー(訪問介護員)は、日常生活において介護や家事の手助けを必要とする高齢者(介護保険非該当)及び重度の障害者をもつ家庭へ伺ってサービスを提供します。ホームヘルパーの派遣を希望する人は、社会福祉協議会または健康福祉課へ。

 

仕事をしてみたい人に 「高齢者活力センター」

おおむね60歳以上の働く意欲のある人は、活力センターの会員となり、あらかじめ自分の希望する職種を登録しておけば、センターで注文を受けた仕事の範囲内で働き、配分金を得ることができます。

 

長寿のお祝い

町内に住む該当者(満77・88・99歳)に毎年9月、敬老祝金を支給します。
詳しくは、健康福祉課へお問い合わせください。

 

家族介護慰労金

介護保険の要介護4または5に相当する在宅ねたきり高齢者で、一定の条件を満たす高齢者を介護している介護者に慰労金を支給します(年15~20万円)。
詳しくは、健康福祉課へお問い合わせください。

 

紙おむつ等の支給

介護保険の要介護4または5に相当する在宅高齢者に介護用品(紙おむつ等)を支給します。詳しくは、健康福祉課へお問い合わせください。

 

出張理美容サービス

介護保険の要介護4または5に相当する在宅ねたきり高齢者及び重度心身障害者等で、一般の理美容店にかかりに行けない人に、訪問して理美容サービスを行います。
詳しくは、健康福祉課へお問い合わせください。

 

日常生活用具の給付及び貸与

おおむね65歳以上のひとり暮らし高齢者等に対して、電磁調理器・火災警報器・自動消火器の給付を行います。
詳しくは、健康福祉課へお問い合わせください。

 

徘徊探知機器の貸し出し

町内在住のおおむね65歳以上の徘徊の心配のある認知症高齢者を在宅で介護する家族に、徘徊探知機器を貸し出しします。家族は、発信機を携帯した認知症高齢者が行方不明になった場合、町が委託した探知サービス事業者に探索を依頼し、その所在位置の情報を受け取り、速やかに捜索を行うことができます。
詳しくは、健康福祉課へお問い合わせください。

 

緊急通報装置の貸与

おおむね65歳以上のひとり暮らし高齢者等に対して、急病や災害等緊急事態が発生した場合、簡単な操作で自動的に消防署へ通報できる装置の貸与を行います。
詳しくは、健康福祉課へお問い合わせください。

 

介護用車両購入費の補助

在宅の重度身体障害者又は寝たきり等の高齢者を同乗させて外出する車いす仕様車両の購入、改造に要する費用の一部を補助します。
詳しくは、健康福祉課へお問い合わせください。

 

 

お問い合わせ先

健康福祉課  welfare@swan.town.ora.gunma.jp

電話:0276-47-5024(直通)  FAX:0276-88-3247  お問い合わせフォーム

 

社会福祉協議会 電話:0276-88-2408

福祉センター寿荘 電話:0276-88-6588

高齢者活力センター 電話:0276-89-0099

 

ページの先頭へ