ホーム > 暮らしのガイド > 健康・福祉 > ひとり親家庭 > 児童扶養手当を受給する場合の届出義務について

ここから本文です

児童扶養手当を受給する場合の届出義務について

  1. 受給資格者は、毎年8月1日から8月31日までの間に、「現況届」を提出してください。この届を提出しない場合、手当支給に該当しても8月以降の手当は支給されません。
    また、2年間未提出の場合は時効となり、受給資格が無くなります。
  2. 支給対象児童が減った場合は、「手当額改定届(減額)」を提出してください。
  3. 支給対象児童が増えた場合は、「手当額改定請求書(増額)」を提出してください。
  4. 受給者が死亡した場合は、「受給者死亡届」を提出してください。
  5. 県外もしくは他市に転出する場合は、「転出届」を提出してください。
  6. 氏名や住所(県で認定されている受給者が県内郡部に異動する場合)、振込金融機関・口座が変更になる場合は、「氏名・住所・支払金融機関変更届」を提出してください。
  7. 受給者、配偶者、扶養義務者が所得更正をした場合、所得の高い扶養義務者と同居した場合等は、「支給停止関係届」を提出してください。
  8. 受給者または支給対象児童が公的年金等を受給できるようになった場合や年金等の受給額が変わった場合は、「公的年金等受給状況届」を提出してください。
  9. 受給資格が無くなった場合は「資格喪失届」を提出してください。

以下の場合、受給資格が無くなります。

  • 受給資格者である母または父が婚姻した場合(事実婚を含む)
  • 受給者または児童が日本国内に住所を有しなくなった場合
  • 遺棄していた父または母から連絡があった場合
  • 拘禁されていた父または母が出所した場合
  • 児童が児童福祉施設等(通所施設を除く)に入所した場合
  • 受給者である母または父が児童を監護しなくなった場合
  • 受給者である養育者が、児童と別居し養育しなくなった場合
  • 児童が死亡した場合
  • このほか、認定時の支給要件に該当しなくなったとき

 

お問い合わせ先

子ども支援課  child-sprt@swan.town.ora.gunma.jp

電話:0276-47-5044(直通)  FAX:0276-88-3247  お問い合わせフォーム

 

ページの先頭へ