ホーム > 暮らしのガイド > 上下水道 > 上水道について(群馬東部水道企業団) > 群馬東部水道企業団移行に伴う主な給水関係変更点

ここから本文です

群馬東部水道企業団移行に伴う主な給水関係変更点

変更点 対照表(平成28年4月1日適用)

内容 邑楽町水道事業 群馬東部水道企業団
加入金 Φ13mm  108,000円
Φ20mm  226,800円
Φ25mm  367,200円
Φ30mm  518,400円
Φ40mm  961,200円
Φ50mm 1,414,800円
(税込)
(Φ13mm  54,000円)
※移行期間中のみ限定的に使用可
Φ20mm  86,400円
Φ25mm  270,000円
Φ30mm  378,000円
Φ40mm  810,000円
Φ50mm  1,080,000円
(税込)
手数料 設計審査手数料 500円
工事検査手数料 1,000円
設計審査手数料   1,000円
しゅん工検査手数料 1,000円
給水装置工事の種別 新設 改造 修繕 撤去 臨時 
宅造 移転
新設 改造 撤去 臨時 給水管
集合住宅の申請 全体計画で宅造申請+1部屋ごとに新設申請
+(散水栓等供用栓の新設申請)        
アパート1棟につき1申請
引込管の口径 1戸:Φ25mm
複数戸:Φ50mm
※これ以外は事前に協議
施行基準に基づく(給水戸数・管延長)
例1:給水戸数4戸、布設管延長30m ・・・ Φ40mm
例2:給水戸数8戸、布設管延長100m ・・・ Φ75mm
本管分岐~量水器 Φ25mm~50mm:水道用ポリエチレン管(1種2層管)
Φ75mm以上:配水用ポリエチレン管(融着継手)またはダクタイル鋳鉄管
Φ25mm~50mm:水道用ポリエチレン管(1種2層管)
※道路縦断方向に布設の場合Φ50mmは配水用ポリエチレン管(融着継手)とする
Φ75mm以上:ダクタイル鋳鉄管
メーターユニット採用、乙止め不要
引込管の既設利用 基本的に可 ポリエチレン管(1種2層管)以外は不可(料金統一までは移行期間とし、HIVPΦ20mm以上あれば可とする)
量水器の口径 給水装置工事主任技術者の責任のもとに口径決定 施行基準に基づく(水栓数等)
1~4栓:Φ13mm
5~10栓:Φ20mm
(料金統一までは移行期間とする)

水道料金は当面現行のまま(概ね3年を目処に統一への検討を始める見込み)

水道料金統一までの間を移行期間として、限定的な対応がとれるものがあります。

お問い合わせ先

群馬東部水道企業団 館林支所
住所:館林市広内町3-10
電話:0276-80-3201

 

ページの先頭へ