ホーム > 暮らしのガイド > 上下水道 > 町の下水道について > 下水道の役割について

ここから本文です

下水道の役割について

下水道ってどうして必要なの

環境のこと

環境のこと、みんなが考え出しました。オゾン層の破壊や、食品問題、そしてリサイクル。
でも、ふだん生活するために排出された汚水はいったいどうなっているのでしょう。トイレで流した水はもちろんのこと、食器を洗った水、洗濯して泡だらけになって流れていった水はいったいどこへ消えていくのでしょう。
これらの汚水はきちんと処理をしないと、側溝や河川にそのまま放流されてしまい、河川や海を汚す原因となってしまいます。一度汚れてしまった水をもとに戻すのはたいへんなことです。

残してあげたい・・・

子供のころ遊んだ川をずっと残してあげたい。誰もがそう思っているはずなのに、いつのまにか自分たちの手で川を汚してしまっているなんてあまり信じたくないことです。でも、今のままでは解決できそうもないのです。

うちは水洗トイレだけど・・・

うちは水洗トイレだから単独浄化槽を通してきれいな水を流しているので、わざわざ下水道につなぐ必要はないという声をよく耳にします。でも、単独浄化槽で処理されるのはトイレの汚水だけです。
お風呂や台所から流れ出る汚水は雑排水処理槽を通して側溝へ流れています。けれど、せっかく雑排水処理槽を通しても、汚れはそのまま川や海へ流れていってしまっているのが現状です。残念ながら、こうした汚水が水質の汚濁や悪臭の原因になっているのです。

水栓トイレの写真

下水道ができると

全部きれいにして川から海へ

私たちが生活していくうえで出てしまった汚れた水。下水道ができると、それらを全部集めて地下に埋められた下水道管を通り、処理場できれいにしてから川に返します。 家の周りの側溝に汚い水がたまらないので、きれいで衛生的になります。くみ取りトイレは水洗になり、快適な生活になります。また、今まで使っていた浄化槽は廃止することになります。

川から海へ

流さないでください

公共下水道施設は、大部分が地下にあります。それだけにつまったり、漏水したりしたときの修理は大変であり、多額の費用がかかります。ぜひ次のことを注意して大切に使用してください。

  1. 雨水は流さないでください(分流式の下水道ですので雨水は流せません)。
  2. 油類(てんぷら油等)は石けんと化合して固まり排水管につまるので流さないでください。
  3. ガソリン、シンナー、石油などの危険物は、下水管内で爆発をするおそれがあるので流さないでください。
  4. 生ゴミ、布くず、毛髪などは、排水管やますを詰まらせたり、悪臭や処理場の働きを低下させたりするので流さないでください(流し口に金網や目ざらなどを付けて取り除いてください)。
  5. 油類を多く使用する事業所等に設置する阻集器(油水分離層)は、定期的に清掃をしてください。特に流入口のゴミ受けは毎日清掃してください。

 

お問い合わせ先

安全安心課  safe@swan.town.ora.gunma.jp

電話:0276-47-5037(直通)  FAX:0276-88-3247  お問い合わせフォーム

 

ページの先頭へ