ホーム > 暮らしのガイド > 上下水道 > 町の下水道について > 下水道の諸制度について

ここから本文です

下水道の諸制度について

浄化槽廃止補助金

下水道が整備されると、水洗トイレから直接下水道へ流せることになりますので、今まで浄化槽を使用している場合は、浄化槽の必要がなくなり、これを廃止していただくことになります。
廃止の方法として、浄化槽の上部を切断し、下部に穴を開けて消毒したあとに、埋めてしまう方法が多くとられています。

 

1.補助の対象になる方

  1. 供用開始前に浄化槽が設置され、その浄化槽を使用している方
  2. 供用開始後3年以内に公共下水道に接続した方
  3. 受益者負担金及び町税等の滞納がない方

 

2.補助金の額

  • 25,000円を補助金として交付します(ただし、浄化槽廃止工事に要する費用が50,000円以下の場合は、その費用の2分の1を交付します)。

 

3.補助金の交付

  • 町が排水設備等の工事完了を検査し、合格後に交付します。

 

4.手続き

  • 「浄化槽廃止補助金交付申請書」に、必要書類を添えて町に提出してください

 

水洗便所改造資金等融資あっせん・利子補給

既設のくみ取りトイレを水洗トイレに改造したり、浄化槽を廃止して下水道に直接流したりする場合には、工事資金の融資あっせんを行います。また、借り入れにかかる利子は町が負担しますので無利子となります。お気軽にご利用ください。

 

1.融資あっせんの対象になる方

  1. 改造工事をしようとする建築物の所有者で町内に住所のある方、または所有者の承諾を得た使用者
  2. 下水道受益者負担金及び町税等を滞納していない方
  3. 指定金融機関が、融資を受けた資金の返済能力があると認めた方
  4. 供用開始の告示日から3年以内に改造工事を行う方
  5. 確実な連帯保証人がある方

 

2.融資を受けられる工事の範囲

  • 邑楽町が指定した下水道指定工事店が施行した、排水設備の工事に限ります。大工工事、電気工事等の費用は対象外です。

 

3.融資を受けられる額

  • 融資は1万円単位で、下表の額の範囲内です。
対象区  上限 下限
一般住宅 くみ取りトイレの改造 60万円 10万円
浄化槽を廃止して公共下水道に接続 30万円 10万円
複数の賃貸住宅又は事業等 60万円 10万円

 

4.手続き

  • 改造工事に取りかかる前に「水洗便所改造資金等融資あっせん申請書」に、必要事項を記入し、町に提出してください。
  • 3か月以内に工事を完成させ、町の工事完了検査後、取扱金融機関所定の借入申込書により融資の手続きをしてください。

 

5.返済方法

  • 融資を受けた翌月から、36か月以内で月賦償還とします。

 

6.指定金融機関

番号 金融機関名 取りまとめ店 電話 備考
1 群馬銀行 邑楽町支店 0276-88-3434
2 足利銀行 館林支店 0276-74-2211 出張所 0276-88-5211
3 足利小山信用金庫 邑楽支店 0276-88-7751
4 館林信用金庫 邑楽町支店 0276-88-7511
5 東和銀行 邑楽町支店 0276-88-6767
6 邑楽館林農業協同組合 中野支所 0276-88-5505

 

お問い合わせ先

安全安心課  safe@swan.town.ora.gunma.jp

電話:0276-47-5037(直通)  FAX:0276-88-3247  お問い合わせフォーム

 

ページの先頭へ