ホーム > 暮らしのガイド > 上下水道 > 町の下水道について > 排水設備について

ここから本文です

排水設備について

下水道への接続

下水道の工事が終わると、下水道を使用することができる日(供用開始日)と排水区域などが告示されます。
供用開始日からは、汚水を下水道へ流すことができるようになり、水洗トイレは浄化槽がなくても使用できます。
供用開始になった区域内の各家庭では、くみ取りトイレを水洗トイレに改造する工事、風呂や台所からの汚水を下水道に接続するための排水設備の改造工事を3年以内に実施することが義務づけられています。
また、浄化槽を使用している家庭も、速やかに改造工事を実施していただくことになります。
排水設備の設置義務者は建物の所有者です。ただし、借家人など所有者以外でも排水設備の工事をすることもできますが、この場合は、建物の所有者の同意が必要になりますので、工事を実施する前によく確かめましょう。

排水設備工事

排水設備の工事は、適正な施工をするため、町が指定した「公共下水道排水設備指定工事店」でなければ実施することはできません。
工事を実施するときは、町への手続きが必要になりますが、下水道指定工事店が代行する制度になっています。
また、どの下水道指定工事店が実施しても同一の工事になるよう設計することになっています。

下水道排水設備指定工事店名簿PDFファイル(192KB)

 

お問い合わせ先

安全安心課  safe@swan.town.ora.gunma.jp

電話:0276-47-5037(直通)  FAX:0276-88-3247  お問い合わせフォーム

 

ページの先頭へ