ホーム > 暮らしのガイド > 保険・年金・税金 > 国民年金 > 国民年金の仕組みについて

ここから本文です

国民年金の仕組みについて

国民年金は、全ての国民を対象として、老齢・障害・死亡に関して必要な給付を行い、健全な国民生活の維持・向上に寄与することを目的としています。
公的年金制度は、若い世代が高齢世代を支える「世代と世代の支え合い」の仕組みでできています。みんなで保険料を出し合って親の世代の人たちを支え、自分たちの老後は子供たちが支えてくれるのです。このような仕組みになっているため、未加入や保険料を納めないでいると自分だけでなく、多くの人たちに迷惑をかけることになります。あなた自身の将来のためにも、きちんと加入手続きをして忘れずに保険料を納めましょう。

20歳になったら国民年金

日本に住む20歳以上60歳未満のすべての人は、国民年金(基礎年金)に加入することになっています。さらに、サラリーマンや公務員は厚生年金・共済組合に加入します。

どんな人が?

  • 第1号被保険者…自営業や農林漁業、学生など
  • 第2号被保険者…会社員や公務員など
  • 第3号被保険者…専業主婦など(第2号被保険者に扶養されている配偶者)

保険料は?

第1号被保険者

全国の銀行(ゆうちょ銀行を含む)・農協・漁協・信用金庫・信用組合・労働金庫・指定のコンビニエンスストアで納められます。

市役所・町村役場では、納めることができません。

口座振替で「前納」や「早割」にすると保険料が割引されます。

第2号被保険者

給与の額によって厚生年金保険料・共済年金保険料が決められ、毎月の給料から天引きされます。

国民年金の保険料を納める必要はありません。

第3号被保険者

年金制度全体で負担していますので、個人で納める必要はありません。

厚生年金・共済年金の制度からまとめて負担します。

あなたはどれに該当しますか

日本に住む20歳以上60歳未満のすべての人は、国民年金に加入することになっています。また、対象となる人は三種類に分かれます。

  • 20歳以上60歳未満の自営業者・学生等(第1号被保険者)
  • 厚生年金被保険者及び共済組合員(第2号被保険者)
  • 第2号被保険者の被扶養配偶者で20歳以上60歳未満の人(第3号被保険者)

あなたはどれに該当しますか

こんな時は年金手帳と印かんをもって役場住民課へ

  • 20歳になったとき
  • 会社などをやめたとき
  • 離婚したとき

保険料免除制度

本人・世帯主・配偶者の前年所得(1月から6月までに申請される場合は前々年所得)が一定額以下の場合や失業した場合など、国民年金保険料を納めることが経済的に困難な場合は、本人から申請書を提出いただき、申請後に承認されると保険料の納付が免除になります。
免除される額は、全額、3/4、半額、1/4の4種類があります。

納付猶予制度

20歳から50歳未満の方で、本人・配偶者の前年所得(1月から6月までに申請される場合は前々年所得)が一定額以下の場合には、ご本人から申請書をご提出いただき、申請後に承認されると保険料の納付が猶予されます。

学生納付特例制度

大学や専修学校の学生であって、国民年金の第1号被保険者である本人の前年所得が一定以下の人に対し、在学期間中保険料の納付を猶予する制度であり、申請に基づき適用されます(配偶者・世帯主の所得は問いません)。

各種学校、教育施設等には対象とならないものもあります。

 

お問い合わせ先

住民課  citizen@swan.town.ora.gunma.jp

電話:0276-47-5015(直通)  FAX:0276-88-3247  お問い合わせフォーム

 

ページの先頭へ