ホーム > 暮らしのガイド > 保険・年金・税金 > 国民年金 > 3つの基礎年金(老齢基礎・障害基礎・遺族基礎)について

ここから本文です

3つの基礎年金(老齢基礎・障害基礎・遺族基礎)について

年金の種類と受けられる要件

老齢基礎年金

次の期間を合わせて、25年以上ある人が65歳に達した時に受けられます。

  • 国民年金の保険料を納めた期間
  • 国民年金の保険料を免除された期間
  • 厚生年金や共済組合の加入期間

 

障害基礎年金

国民年金の加入中に病気やケガで障害者となった場合、障害の程度が1級または2級の状態にあり、一定の保険料を納めてあるときに受けられます。(60歳から65歳になるまでの間年金を受けないで障害者となった場合でも受けられます)

20歳前に障害者となった場合は、20歳から受けられます。ただし、本人に所得がある場合は、年収額により支給停止となる場合があります。

特別障害給付金

国民年金制度の発展過程において生じた特別な事情により、障害基礎年金等を受給していない障害者の方を対象とした福祉的措置として、特別障害給付金制度があります。

障害基礎年金と老齢厚生年金の併給

障害をもちながら働いたことが評価される仕組みとするため、障害基礎年金と老齢厚生年金の組み合わせの選択が可能になりました。「障害基礎年金+老齢厚生年金」という選択を可能にすることで、働いた期間が年金額に反映されます。また、遺族厚生年金を受ける権利を有している場合は、障害基礎年金と遺族厚生年金の組み合わせも可能です。(※65歳以上)

遺族基礎年金

国民年金に加入している人が亡くなったとき、その人に生計を維持されていた次のいずれかの人が受けられます。

  • 18歳までの子(障害者は、20歳未満)のいる妻
  • 18歳までの子(障害者は、20歳未満)

ここでいう「18歳まで」とは、18歳になった日以後初めての3月31日までをいいます。

 

国民年金の独自給付

寡婦年金

第1号被保険者として保険料を納めた期間(免除された期間を含む)が25年以上ある夫が、老齢基礎年金や障害基礎年金を受けないで亡くなった場合に妻(婚姻期間が10年以上)に支給されます。年金額=夫の受けるべき老齢基礎年金額×3/4受けられる期間は60歳から65歳までの間

死亡一時金

第1号被保険者として3年以上の保険料を納めた人が、年金を受けないで亡くなったときに、その遺族が受けられます。寡婦年金を希望した場合は受けられません。

付加年金

付加保険料400円(月額)を上積みして納めた人は、次の式で計算した額が、老齢基礎年金の年金額に加算されます。
<年金額>200円×付加保険料を納めた月数
支給の繰り上げ・繰り下げ
老齢基礎年金は65歳が基本ですが、希望すれば60歳から64歳までの間に繰り上げて受けることができます。ただし、年金を受けるときの年令に応じて減額されます。また、66歳以降に繰り下げて増額された年金を受けることもできます。

繰り上げ請求には、制限があります!

  • 減額された年金を生涯受け取ることになります。
  • 障害基礎年金は請求できません。
  • 寡婦年金は受けられません。
  • 老齢厚生年金や退職共済年金は65歳まで受けられません。
  • 遺族厚生年金・遺族共済年金と老齢基礎年金は65歳まではどちらか一方の年金を選ぶことになります。
  • 就職して厚生年金や共済組合に加入すると老齢基礎年金は受けられません。

 

お問い合わせ先

住民課  citizen@swan.town.ora.gunma.jp

電話:0276-47-5015(直通)  FAX:0276-88-3247  お問い合わせフォーム

 

ページの先頭へ