ホーム > 暮らしのガイド > 保険・年金・税金 > 国民健康保険 > 国民健康保険(資格)について

ここから本文です

国民健康保険(資格)について

国民健康保険の被保険者

国民健康保険は、職場の健康保険(健康保険組合・共済組合など)に加入している人とその扶養家族、後期高齢者医療保険(75歳以上)に加入している人、生活保護を受けている人を除いた、すべての住民が加入する保険です。

こんなときには必ず届け出を

平成28年1月から、国民健康保険に関する手続き全般で、個人番号(マイナンバー)の記載が必要になります。個人番号(マイナンバー)を確認するため、マイナンバーカード又は通知カード、身元確認書類の提示が必要になりますので、お手続きの際には必ずお持ちください。詳しくはマイナンバーを使用する手続きについてのページをご覧ください。

あなたの世帯で次のようなことがあったときは、必ず14日以内に届け出てください。

 
  届け出が必要な場合 手続きに必要なもの マイナンバーが必要なかた
国民健康保険に加入する場合 他の市町村から転入したとき 転出証明書・印鑑・前年の所得がわかる書類・マイナンバーカードまたは通知カードと身元確認書類 世帯主・被保険者
国外から転入するとき(その年の1月1日に国外に住んでいた人) 在留カード(外国籍の方)・印鑑・パスポート・マイナンバーカードまたは通知カードと身元確認書類 世帯主・被保険者
子供が生まれたとき 母子健康手帳・保険証・印鑑・マイナンバーカードまたは通知カードと身元確認書類 世帯主・出産したかた
生活保護を受けなくなったとき 印鑑・保護決定/廃止決定通知書・マイナンバーカードまたは通知カードと身元確認書類 世帯主・被保険者
職場の健康保険をやめたとき、またはその扶養家族でなくなったとき 印鑑・社会保険離脱証明書・マイナンバーカードまたは通知カードと身元確認書類 世帯主・被保険者
退職者医療制度に該当する場合 国民健康保険に加入している人で、会社等を退職し、国民年金以外の年金の受給権があり、その加入期間が通算20年以上または40歳以降に10年以上ある65歳未満の人 保険証・印鑑・被用者年金の老齢(退職)年金証書・マイナンバーカードまたは通知カードと身元確認書類 世帯主・被保険者
国民健康保険をやめる場合 他の市町村に転出するとき 保険証・印鑑・マイナンバーカードまたは通知カードと身元確認書類 世帯主・被保険者
職場の健康保険に入ったとき、またはその扶養家族になったとき 新しい健康保険証(会社等で加入)・国民健康保険証・印鑑・マイナンバーカードまたは通知カードと身元確認書類 世帯主・被保険者
死亡したとき 保険証・印鑑・マイナンバーカードまたは通知カードと身元確認書類 死亡したかた
生活保護を受けるようになったとき 保険証・印鑑・マイナンバーカードまたは通知カードと身元確認書類 世帯主・被保険者
その他 住所、世帯主、氏名などが変わったとき 保険証・印鑑・マイナンバーカードまたは通知カードと身元確認書類 世帯主・被保険者
保険証を破損したり紛失したとき 破損した保険証・印鑑・マイナンバーカードまたは通知カードと身元確認書類 世帯主・被保険者
修学のため他の市町村に転出し別の保険証が必要なとき 印鑑・在学証明書・マイナンバーカードまたは通知カードと身元確認書類 世帯主・被保険者

※マイナンバー本格運用開始後において情報連携可能な事務手続きの省略可能な書類につきましては、方針が決まり次第ホームページ等でお知らせいたします。

被保険者証(以下、保険証)

病気やけがでお医者さんにかかるとき、国民健康保険証を提示すれば、医療費の一部(一部負担金)を支払うだけで診療をうけることができます。残りの費用は、国民健康保険が負担します。

 
年齢 自己負担割合
義務教育終了前 2割
義務教育修学~70歳未満 3割
70歳以上74歳未満      (高齢受給者) 現役並みの所得者※1 3割
それ以外 2割もしくは1割※2

※1…同じ世帯の70歳以上の国民健康保険加入者で、町民税課税所得が145万円以上の人が1人でもいる世帯の人(平成27年1月以降新たに70歳になった被保険者のいる世帯のうち、基礎控除後の総所得金額の合計額が210万円以下の場合は除く)。
ただし、次に該当する場合には申請により2割もしくは1割になります。

  • 被保険者が世帯内に1人で、その収入が383万円未満
  • 被保険者が世帯内に1人で、その収入が383万円以上、かつ世帯内に後期高齢者医療被保険者がいる場合、収入額合計が520万円未満
  • 被保険者が世帯内に2人以上で、その収入額の合計が520万円未満

※2…70歳以上75歳未満の被保険者について、平成26年5月診療分から次のように変更になりました。

  1. 誕生日が昭和19年4月1日以前の人…1割
  2. 誕生日が昭和19年4月2日以降の人…2割

学生用保険証(マル学)

修学(大学・専門学校等に入学)のため他の市町村に住所を移した場合は、学生用保険証を交付します。 

申請に必要なもの

保険証・印鑑・修学(大学・専門学校等)先の在学証明書・世帯主と被保険者のマイナンバーカードまたは通知カードと身元確認書類

退職者医療制度

対象者

国民健康保険に加入している人で、会社や役所を退職し、厚生年金や共済年金などの受給権が発生している65歳未満の人とその被扶養者は、退職者医療制度で医療を受けることになります。
次のすべてにあてはまる人が対象です。

  • 国民健康保険に加入している人
  • 65歳未満の人
  • 厚生年金や共済年金(国民年金以外の公的年金)の受給権があり、加入期間が通算20年以上または40歳以降に10年以上ある人

手続き

定年等で会社等を退職し、新たに厚生年金や共済組合等の老齢年金(退職年金)を受けられることになると年金証書が送付されてきますので、年金証書を受け取った日から14日以内に印鑑、保険証、年金証書、マイナンバーカードまたは通知カードと身元確認書類を持って住民課窓口で届出をしてください。国民健康保険退職被保険者証が交付されます。また被扶養者があるかたは被扶養者届が必要です。

 

お問い合わせ先

住民課  citizen@swan.town.ora.gunma.jp

電話:0276-47-5020(直通)  FAX:0276-88-3247  お問い合わせフォーム

 

ページの先頭へ