ホーム > 暮らしのガイド > 保険・年金・税金 > 介護保険 > 介護保険制度について

ここから本文です

介護保険制度について

急速な高齢化の進展に伴い、介護を必要としている虚弱・寝たきり・認知症の高齢者が増加している中で、従来のような家族による介護では、十分な対応が困難になってきています。たとえ、介護が必要になってもできる限り自立し、自分らしく生活することは多くの人々の願いです。少子化・高齢化・核家族化・共働きといった社会構造の変化は、現実には家族だけで介護を行うことを難しくしています。そのため、家族を中心として行われていた介護を社会全体で支え、利用者の希望を尊重しながら、保健・福祉・医療サービスを総合的に受けられる新しい制度として、平成12年4月から介護保険制度が始まりました。

介護保険制度のしくみ

介護保険は、40歳以上の全員が加入します。保険料を払って、介護が必要になったときにサービスを利用するという社会保険制度です。制度の運営主体は、邑楽町(保険者)です。町は、サービスの供給主体として、加入者(被保険者)から保険料を徴収し、保険財政のバランスを図りながら、介護保険事業計画の策定や介護サービスの確保・整備を担います。

加入者(被保険者)は、年齢で二つの被保険者に分かれます

65歳以上は、「第1号被保険者」、40~64歳は「第2号被保険者」といい、認定を受けられる条件が異なります。
65歳以上の方は、原因を問わず介護や日常生活の支援が必要となったとき、認定を受けサービスを利用できます。
40歳から64歳までの方は、老化が原因とされる病気(特定疾病)により介護や支援が必要となったとき、町の認定を受けサービスを利用できます。

16種の疾病(特定疾病)

  1. がん(末期)
    ※医師が一般に認められている医学的知見に基づき、回復の見込みがない状態に至ったと判断したものに限る
  2. 関節リウマチ
  3. 筋萎縮性側索硬化症
  4. 後縦靱帯骨化症
  5. 骨折を伴う骨粗鬆症
  6. 初老期における認知症
  7. 進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症及びパーキンソン病
  8. 脊髄小脳変性症
  9. 脊柱管狭窄症
  10. 早老症
  11. 多系統萎縮症
  12. 糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症及び糖尿病性網膜症
  13. 脳血管疾患
  14. 閉塞性動脈硬化症
  15. 慢性閉塞性肺疾患
  16. 両側の膝関節または股関節に著しい変形を伴う変形性関節症

65歳になると介護保険の保険証が交付されます

第1号被保険者となる65歳の誕生日の前日の属する月に被保険者証が交付されます。

第2号被保険者となる40歳~64歳の方には認定を受けた場合に交付されます。

邑楽町(保険者)   被保険者
介護保険料の算定・徴収  介護保険料を納める
保険証の交付 保険証を保管する
要介護認定 介護が必要になったら認定申請をする
保険給付 医療・福祉のサービスを利用する
サービスを提供する施設・人材確保 利用したい介護サービスを選択する
(介護費用の9割を支払う) (介護費用の1割を支払う)
 
介護サービスを提供するところ
*邑楽町
*指定を受けた社会福祉法人・医療法人・民間企業・非営利組織など

 

お問い合わせ先

健康福祉課  welfare@swan.town.ora.gunma.jp

電話:0276-47-5021(直通)  FAX:0276-88-3247  お問い合わせフォーム

 

ページの先頭へ