ホーム > 暮らしのガイド > 保険・年金・税金 > 介護保険 > 介護保険料について

ここから本文です

介護保険料について

介護保険料の決め方と納め方

保険料を納めてみんなで介護を支えます。
介護保険は、公費と40歳以上のみなさんに納めていただく保険料を財源に運営しています(40歳から64歳の人の保険料に大きく支えられています)。介護サービスを十分に整えることができるように、そして介護が必要になったときには、誰もが安心してサービスを利用できるように、保険料は必ず納めましょう(ただし、例外として身体障害者療護施設等の介護保険適用除外施設の入所者については、介護保険の被保険者となりませんので保険料を納める必要はありません)。
保険料は介護保険の大切な財源です。

65歳以上の人(第1号被保険者の保険料)

高齢者の方々にも、原則として全ての方に所得に応じた保険料を負担していただくことになります。

邑楽町の介護保険料年額

65歳以上の人の介護保険料は、所得に応じて、次のような9段階に分けられます。

所得段階
所得等の条件 月額(円) 年額(円)
第1段階 生活保護を受給している人
老齢福祉年金受給の人で本人及び世帯全員が町民税非課税の人
本人及び世帯全員町民税非課税で、本人の合計所得金額と課税対象年金収入額の合計が80万円以下の人
2,700 32,400
第2段階 本人及び世帯全員が町民税非課税で、本人の合計所得金額と課税対象年金収入額の合計が80万円を超え120万円以下の人 4,050 48,600
第3段階 本人及び世帯全員が町民税非課税で、本人の合計所得金額と課税対象年金収入額の合計が120万円を超える人 4,050 48,600
第4段階 本人が町民税非課税で、本人の合計所得金額と課税対象年金収入額の合計が80万円以下でかつ世帯に町民税課税者がいる人 4,860 58,320
第5段階 本人が町民税非課税で、本人の合計所得金額と課税対象年金収入額の合計が80万円を超え、かつ世帯に町民税課税者がいる人
5,400 64,800
第6段階 本人が町民税課税で合計所得金額が120万円未満の人 6,480 77,760
第7段階 本人が町民税課税で合計所得金額が120万円以上の190万円未満の人 7,020 84,240
第8段階 本人が町民税課税で合計所得金額が190万円以上290万円未満の人 8,100 97,200
第9段階 本人が町民税課税で合計所得金額が290万円以上の人 9,180 110,160

納め方

年金から天引きにより納める人(特別徴収)

老齢基礎年金や退職年金などを年間18万円以上(月額1万5千円以上)受給している人。年金は2か月(偶数月)ごとに受給されますので、保険料も一度に2か月分天引きされます。
平成18年10月より、遺族年金や障害年金からも天引きされることになりました。

納付書や口座振替により納める人(普通徴収)

老齢基礎年金や退職年金などの受給額が18万円未満(月額1万5千円未満)
老齢福祉年金・恩給のみを受給している人
年度途中で65歳になった人
年度途中で邑楽町へ転入してきた人(月割で計算された保険料を納めていただきます)
普通徴収の人は7月から翌年の2月までの8期で保険料を徴収します。

40~64歳の人(第2号被保険者の保険料)

国民健康保険に加入している人

保険料は市町村の国民健康保険税の算定方法と同様に、世帯ごとに決められます。

計算方法

「介護保険料=所得割+均等割+平等割+資産割」

所得割 第2号被保険者の所得に応じて計算
均等割 世帯の第2号被保険者の数に応じて計算
平等割 第2号被保険者の属する世帯で1世帯に付きいくらと計算
資産割 第2号被保険者の固定資産に応じて計算

介護保険料と国民健康保険税の限度額は別々に決められています。

保険料と同額の国庫からの負担があります。

納め方

医療保険分(国民健康保険)と介護保険分を合わせて、国民健康保険税(料)として世帯主が納めます。

職場の医療保険に加入している人

医療保険ごとに設定される介護保険料率と、給与(標準報酬月額)及び賞与(標準賞与額)に応じて決められます。
「介護保険料=給与及び賞与×介護保険料率」
原則として事業主が半分を負担します。

納め方

医療保険料と介護保険料を合わせて給与及び賞与から徴収されます。
40歳から64歳の被扶養者は、保険料を個別に納める必要はありません。

保険料を納めないでいると

第1号、第2号被保険者ともに、保険料を納めないでいると、滞納期間に応じて保険給付が制限されます。

  • 1年以上…介護サービス費用の全額をいったん利用者が負担し、申請により後で保険給付分(9割)が支払われます。
  • 1年6か月以上…保険給付の一部または全部が一時的に差し止めとなります。
  • 2年以上…利用者負担が1割から3割に引き上げられたり、高額介護サービス費が受けられなくなったりします。

 

お問い合わせ先

税務課  taxation@swan.town.ora.gunma.jp

電話:0276-47-5013(直通)  FAX:0276-88-3247  お問い合わせフォーム

 

ページの先頭へ