ホーム > 暮らしのガイド > 防災・安全 > カーブミラー(道路反射鏡)の設置について

ここから本文です

カーブミラー(道路反射鏡)の設置について

カーブミラー(道路反射鏡)の設置について

町では公道の交差点やカーブにおいて、見通しが悪い場合にカーブミラーを設置しています。私道や個人宅および私有地からでる際のカーブミラーについては、町では設置いたしません。また、設置可能な場所がない場合など、カーブミラーを設置できないケースもあります。

カーブミラーを設置するには

カーブミラーの設置については、行政区からの要望をもとに現地調査を行い、カーブミラーの必要性を判断しております。要望につきましてはお住いの区長様へご相談ください。

目視の安全確認が大切です

カーブミラーは、あくまで安全確認の補助施設であり、鏡面には写らない死角が生じるなどの危険性もあります。そのため、交差点通行の原則は、カーブミラーの有無にかかわらず、最終的にはあくまでも目視による安全確認が義務となっております。最近、カーブミラーで確認したからといって目視を怠り、一時不停止のまま交差点に進入することを原因とした事故が多発しており、安全確認の補助施設であるカーブミラーが事故を誘発するケースが増えてきています。このためカーブミラーの設置にあたっては、現地の状況を調査し、設置の可否を判断しています。事故が起こったという理由だけでの設置はいたしません。事故はあくまでドライバーの責任であり、安全運転を行う義務があります。またカーブミラーの必要性がある場合でも適切な設置場所が確保できない場合には、設置できない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

 

お問い合わせ先

安全安心課  safe@swan.town.ora.gunma.jp

電話:0276-47-5019(直通)  FAX:0276-89-0136  お問い合わせフォーム

 

ページの先頭へ