●役場所在地
〒370-0692
群馬県邑楽郡邑楽町大字中野2570番地1

●キャッチフレーズ
やさしさと活気の調和したまち“おうら”

●沿革
昭和30年3月1日、中野村と高島村が合併し中島村となる。昭和31年9月30日、千代田村の一部旧長柄村が境界変更により、中島村に編入。昭和32年1月1日邑楽村となり昭和43年4月1日町制施行により邑楽町となる。

●面積 31.11 平方キロメートル

●立地条件
群馬県の東南部、利根、渡良瀬両河川にはさまれた東毛地域の中央部に位置し、平均標高は25mの平坦地であり、西は太田市、大泉町、南は千代田町、東は館林市、北は栃木県足利市に接し、町域は、東西6km、南北7.7km。

●文化財
永明寺のキンモクセイ(国指定天然記念物)
神光寺の大カヤ(県指定天然記念物)
高島小学校のトウグミ(県指定天然記念物)
長柄神社のエドヒガンザクラ(町指定天然記念物)、長柄神社本殿の彫刻(町指定重要文化財)
鶉古城跡(町指定史跡)
慶徳寺山門(町指定重要文化財)、中野沼と水生動植物群(町指定天然記念物)
長柄神社の里神楽(町指定重要無形民俗文化財)

●観光・催し物
多々良沼公園(白鳥飛来地)
シンボルタワー「未来MiRAi」
おうら祭り
町民体育祭
産業祭
石打こぶ観音(年2回例大祭:1月17日、8月17日)、谷中観音

●主産業
自動車関連産業、弱電・電子機器関連産業

トップページに戻る