ホーム > お知らせ一覧 > 日本脳炎予防接種 特例措置について

ここから本文です

日本脳炎予防接種 特例措置について

平成17年5月から日本脳炎の予防接種を見合わせていましたが、新しいワクチンが開発され、安全性の確認ができたため、接種できるようになりました。通常、日本脳炎予防接種は3歳から7歳6か月未満までに第1期の接種を終了することとなっていましたが、接種見合わせにより、7歳6か月までに第1期(計3回)の接種が終了できなかったかたが多くいます。そのため、接種見合わせの影響で接種機会を逃したかた(下記の対象者)が接種できるよう、特例措置が設けられました。接種を希望されるかたで、接種予定日に7歳6か月を過ぎているかたには、特例措置用の予診票を配布しますので、母子健康手帳と印鑑を持って事前に保健センターまでお越しください。

なお、接種日に7歳6か月未満のかたは、町の4か月児健診時に配付した予診票を使用してください。

対象者

平成7年6月1日から平成19年4月1日生まれ

接種日に7歳6か月未満のお子さんは、町の4か月児健診時に配付した予診票を使用してください。

接種期間

20歳を迎える誕生日の前日まで

接種回数

 
第1期 全く接種していないかた 1回接種済のかた 2回接種済のかた
残り3回接種 残り2回接種 残り1回接種

第2期(4回目)の接種について

第1期の接種が完了しており、9歳をすぎているかたは第2期の接種ができます。

第2期用の予診票が必要となりますので、母子健康手帳・印鑑を持って保健センターまでお越しください

接種時に必要なもの

母子健康手帳・日本脳炎予防接種予診票

  • 7歳6か月未満のかた:町の4か月児健診で配布した予診票
  • 7歳6か月以上のかた:特例措置用予診票

予診票がない場合、無料で接種できません。

接種場所

館林市邑楽郡医師会、太田市医師会、足利市医師会に属している実施医療機関

事前に医療機関へ予約してから接種されるようお願いいたします。

 

お問い合わせ先

保健センター  health@swan.town.ora.gunma.jp

電話:0276-88-5533 FAX:0276-88-5528  お問い合わせフォーム

ページの先頭へ