ホーム > お知らせ一覧 > 浄水場におけるホルムアルデヒドについて

ここから本文です

浄水場におけるホルムアルデヒドについて

5月18日(金曜日)、群馬県企業局東部地域水道浄水場(邑楽郡千代田町)は、浄水処理前の原水に含まれるホルムアルデヒドが基準値を超えていたことから、同日午後11時45分以降取水を停止していました。このため、邑楽町では自己水源(地下水)を活用し配水量を確保しておりました。
その後、利根川河川水の状況が改善したため、東部地域水道浄水場は、5月19日(土曜日)午前10時14分より取水を再開し、邑楽町は安定供給を受けております。
 なお、東部地域水道浄水場から送られてくる水のホルムアルデヒドは、基準値以内のため、飲んでも健康への影響はありません。
 また、東部地域水道浄水場は、当分の間ホルムアルデヒドの検査を毎日行います。その検出結果に関する情報については、群馬県ホームページ上で公開されていますので下記をご覧ください。

 

お問い合わせ先

水道課  water@swan.town.ora.gunma.jp

電話:0276-47-5036(直通)  FAX:0276-88-3247  お問い合わせフォーム

ページの先頭へ