ホーム > お知らせ一覧 > 子宮頸がん予防ワクチン接種の積極的な接種勧奨の差し控えについて

ここから本文です

子宮頸がん予防ワクチン接種の積極的な接種勧奨の差し控えについて

 平成25年6月14日(金曜日)厚生労働省より、「子宮頸がん予防ワクチン接種の積極的な接種の勧奨を差し控える」と各自治体に勧告されました。
 現在、子宮頸がん予防ワクチンは中学1年生から高校1年生の女性を対象に予防接種法に基づき実施されているものですが、ワクチン接種後、持続的な痛みやしびれを訴える副反応等の報告が相次いでいることから、皆さまに適切な情報提供ができるまでの間、定期接種の積極的な接種勧奨を差し控えることになりました。
 ただし、これは予防接種を中止するものではなく、積極的にはお勧めしていませんという内容であり、予防接種は継続するものです。
 今後の接種にあたりましては、下記のリーフレットをお読みいただき、副反応や効果などご理解のうえ、希望するかたは接種をお願い申し上げます。

子宮頸がん予防ワクチン接種リーフレット

リーフレット「子宮頸がん予防ワクチンの接種を受ける皆さまへ」(厚生労働省) PDFファイル (1,379KB)

 

お問い合わせ先

保健センター  health@swan.town.ora.gunma.jp

電話:0276-88-5533  FAX:0276-88-5528  お問い合わせフォーム

ページの先頭へ