ホーム > 町政情報 > まちづくり > 邑楽町都市計画マスタープラン > 中野地区

ここから本文です

中野地区

まちづくりのテーマ

緑の中に人が集う明るい町

基本目標

  • 邑楽町の活力を牽引する顔として、都市拠点や活動軸を中心とした賑わいのある空間の形成に努めます。
  • 職住近接やコミュニティーの充実等、潤いと落ち着きのある都市型住区の形成に努めます。
  • 水と緑の香りが感じられる、自然と共存した豊かな居住環境と緑空間の形成に努めます。

基本構想・方針

土地利用

  • 既存市街地(市街化区域)は、面整備あるいは地区計画の導入を検討しながら、落ち着きのある居住環境の形成を目指します。
  • 現庁舎、中野小学校及び邑楽町公民館の位置するブロックをコミュニティー拠点と位置付け、地区の活動拠点とします。
  • (都)邑楽中央線<(主)足利・邑楽・行田線>と(都)中野中央線の交差部(中野上宿交差点)を中心として、沿道環境整備等により、既往の商業集積を生かした地域密着型の商業拠点の形成を図ります。
  • (都)中野篠塚線以東及び(都)前原明野線以北については、今後の市街化動向を考慮しながら面整備等を前提とした市街化区域への編入を検討します。
  • おうら中央公園に面する、(都)前原明野線沿道については、沿道環境整備や地区計画の導入により、商業・業務機能の規制・誘導を図ります。
  • 市街化区域西側に隣接する田園住宅地については、今後の市街化動向を踏まえながら、面整備あるいは地区計画等の導入により生活基盤の整備改善を図りつつ、緑豊かな田園居住区を目指します。
  • 国道122 号沿道地区については、(都)邑楽中央線<(主)足利・邑楽・行田線>との交差部(中野向地交差点)を中心として、沿道環境整備等により、広域性を活用した地場産品販売や沿道サービス等を中心とした商業施設の配置を図ります。

 

お問い合わせ先

都市建設課  urban@swan.town.ora.gunma.jp

電話:0276-47-5032(直通)  FAX:0276-89-0136  お問い合わせフォーム

 

ページの先頭へ