ホーム > 町政情報 > まちづくり > 邑楽町都市計画マスタープラン > 地域づくりの基本構想

ここから本文です

地域づくりの基本構想

地域別構想の策定方針

地域区分

小学校区をもとに4地区を設定しました。
地区区分にあたっては、歴史的な沿革や地域の特性などを踏まえ、住民の生活単位(コミュニティ-)である小学校区、「中野地区」「中野東地区」「高島地区」「長柄地区」の4地区に区分しました。

地域別構想の役割

地域別構想は、将来都市像やまちづくりの方針となる全体構想を基本に、地域の特性や課題に応じて、目指すべき地域の将来像の実現に向けたまちづくりの方針を明確にしていくもので、次の役割を担います。

  • 町全体のまちづくりの方針と自らの住む地域との関わりとその方針が認識できます。
  • 住民と行政が協働してまちづくりを進めるための目標が共有できます。

本計画では、各地域における特性や課題と住民意向調査などから導き出された住民の声を整理するとともに、まちづくりのキーワードである「自然」「人」「活力」の内容を踏まえ、地域のまちづくりのテーマやその実現に向けた方針を示します。

各地域別構想へ

  1. 中野地区
  2. 中野東地区
  3. 高島地区
  4. 長柄地区

地区区分図

地区区分図

 

地域別構造図(全体)

地域別構造図(全体)

 

お問い合わせ先

都市建設課  urban@swan.town.ora.gunma.jp

電話:0276-47-5032(直通)  FAX:0276-89-0136  お問い合わせフォーム

 

ページの先頭へ