○職員の育児休業等に関する規則

平成18年3月31日

規則第8号

(趣旨)

第1条 この規則は、邑楽町職員の育児休業等に関する条例(平成4年邑楽町条例第2号。以下「条例」という。)の規定に基づき、職員の育児休業等に関し必要な事項を定めるものとする。

(勤務した期間に相当する期間)

第2条 条例第7条第1項の規則で定める期間は、休暇の期間その他勤務しないことにつき特に承認のあった期間のうち、次に掲げる期間以外の期間とする。

(1) 地方公務員の育児休業等に関する法律(平成3年法律第110号)第2条の規定により育児休業をしていた期間

(2) 職員の給与の支給に関する規則(昭和50年邑楽町規則第10号)第22条第1項第3号から第6号までに掲げる職員(同項第4号に掲げる職員については、勤務日及び勤務時間が常勤の職員と同様である者を除く。)として在職した期間

(3) 休職にされていた期間(邑楽町職員の給与に関する条例(昭和30年邑楽町条例第18号)第20条第1項の規定の適用を受ける休職者であった期間を除く。)

(職務復帰後の最初の昇給日)

第3条 条例第8条の規則で定める日は、邑楽町職員初任給、昇格、昇給等の基準に関する規則(昭和36年邑楽町規則第1号)第5条に規定する昇給日とする。

(育児短時間勤務の形態)

第4条 条例第11条の規則で定める日数は12日とし、同条の規則で定める時間は16時間とする。

(育児短時間勤務の承認又は期間の延長の請求手続)

第5条 育児休業条例第12条の町長が定める育児短時間勤務承認請求書は、別記様式によるものとする。

附 則

この規則は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成20年規則第1号)

この規則は、平成20年4月1日から施行する。

附 則(平成21年規則第7号)

この規則は、平成21年4月1日から施行する。

附 則(平成22年規則第8号)

この規則は、平成22年6月30日から施行する。

画像

職員の育児休業等に関する規則

平成18年3月31日 規則第8号

(平成22年6月30日施行)

体系情報
第4編 事/第3章
沿革情報
平成18年3月31日 規則第8号
平成20年3月11日 規則第1号
平成21年3月31日 規則第7号
平成22年6月21日 規則第8号