○邑楽町中小企業振興資金融資促進条例施行規則

昭和48年4月27日

規則第2号

(趣旨)

第1条 この規則は、邑楽町中小企業振興資金融資促進条例(昭和48年邑楽町条例第19号。以下「条例」という。)の施行について必要な事項を定めるものとする。

(貸付申請)

第2条 条例第8条の貸付申請は、次の各号に掲げる書類を町長に提出するものとする。

(1) 中小企業振興資金融資申請書(別記様式第1号)1通

(2) 中小企業振興資金信用保証依頼書(別記様式第2号)2通

2 前項の申請書を提出すべき時期については、町長がそのつど定める。

(利子補給の対象)

第3条 条例第10条の利子補給は、条例の定めるところにより振興資金を借り受けた中小企業者に対して行う。

(利子補給の限度)

第4条 条例第10条第2項に規定する利子補給の額は、借入金について当該金融機関の利率で計算した額の2分の1を限度として、当該利率その他予算の関係によりそのつど町長が定める。

2 前項に規定する利子補給の期間は、3年以内とする。

(審査、決定)

第5条 資金融資のための審査は、別に定める邑楽町中小企業金融審査会規程により行う。

2 町長は第2条の申請書を受理したときは、内容を調査の上、前項の審査会に諮り資金貸付けの許否を決定するものとする。

3 前項の貸付けの許否を決定したときは、その旨を申請者に通知(別記様式第3号)するものとする。

(利子補給金の交付申請)

第6条 第4条第3項の決定を受けた者は、金融機関に支払う利子について、利子補給金交付申請書(別記様式第4号)を町長に提出しなければならない。

2 町長は、前項の申請書を受理したときは、設備の設置完了、証票書類その他を調査確認の上利子補給金交付決定書(別記様式第5号)を申請者に交付する。

(利子補給金の交付請求)

第7条 利子補給金交付の決定を受けた借主は、金融機関に支払った利子について4月から9月までを10月に、10月から3月までを4月に、それぞれ利子補給請求書(別記様式第6号)を町長に提出の上補給金の支払を受けるものとする。

2 利子補給金は、借主が借入金に対する利子の支払がなくなったときは、交付しない。

3 遅延利子については、利子補給の対象としない。

(利子補給金交付台帳)

第8条 利子補給を行うことを決定したときは、利子補給金交付台帳(別記様式第7号)を調製し、整理するものとする。

(利子補給金交付の変更)

第9条 第6条により利子補給金決定後において、金融機関に支払う利子の額に変更のあったとき、又は変更しようとするときは、遅滞なく利子補給金変更承認申請書(別記様式第8号)を町長に提出しなければならない。

2 町長は、前項の申請書を受理したときは、審査の上改めて利子補給金交付変更決定書(別記様式第9号)を交付する。

(使用中止、処分等の承認)

第10条 設備資金の融資を受けた者であって、利子補給金の交付を受けた者が設備設置後4年以内に当該設備を使用中止処分又は、用途変更するときはあらかじめ町長の承認を受けなければならない。

(調査、報告)

第11条 町長は貸付金の使途について、必要に応じ借主から報告書(別記様式第10号)を徴し、又は関係職員に帳簿その他の書類及び貸付対象施設等を調査させることができる。

(利子補給金交付の停止)

第12条 町長は、第10条に定める使用中止又は処分等がなされ、その目的を達し難いと認められるに至ったときは、利子補給金の交付を停止することができる。

(利子補給金の返還)

第13条 町長は、利子補給金の交付を受けた者が、条例に違反したときは、利子補給の全部又は一部の返還を命ずることができる。

(運用)

第14条 この規定に定めるもののほか、この運用について必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和60年規則第10号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成5年規則第8号)

1 この規則は、平成5年10月1日から施行する。

2 改正前の規定に基づき決定された貸付金に係る利子補給については、なお従前の例による。

附 則(平成14年規則第11号)

1 この規則は、平成14年4月1日から施行する。

2 改正前の規定に基づき決定された貸付金に係る利子補給については、なお従前の例による。

附 則(平成19年規則第1号)

この規則は、平成19年4月1日から施行する。

画像画像画像

画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像

画像

画像画像

画像

画像

画像画像

画像

画像

画像画像

邑楽町中小企業振興資金融資促進条例施行規則

昭和48年4月27日 規則第2号

(平成19年4月1日施行)