○邑楽町産業研修会館の設置及び管理に関する条例

昭和60年9月25日

条例第15号

(趣旨)

第1条 この条例は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第1項の規定に基づき、邑楽町産業研修会館(以下「研修会館」という。)の設置及び管理に関し必要な事項を定めるものとする。

(設置目的)

第2条 工業団地立地企業従業員及び地域住民が共同利用することにより、地域住民と企業従業員との交換交流を通して地域と企業との連帯感を醸成し、産業の振興と住民福祉の促進を図ることを目的とする。

(名称及び位置)

第3条 研修会館の名称及び位置は次のとおりとする。

名称 邑楽町産業研修会館

位置 邑楽町大字篠塚1415番地の1

(管理者)

第4条 研修会館の管理者は町長があたる。

(管理の基本)

第5条 管理者は、研修会館の設置の目的を最も効果的に達成するよう管理しなければならない。

(使用の許可)

第6条 研修会館を使用するときは、管理者の許可を得なければならない。

2 管理者は、次の各号のいずれかに該当する場合は、前項の許可を与えず、又はその許可を取り消すことができる。

(1) 専ら営利を目的とする行事を行うとき。

(2) 利用の目的又は内容が公の秩序又は善良な風俗に反するとき。

(3) 施設に関する規定に違反し、又は係員の指示に従わないとき。

(4) 利用内容又は方法が他人に迷惑を及ぼし、又は施設設備及び器具をき損するおそれがあると認められるとき。

(5) その他管理上支障があり、不適当と認められるとき。

(使用許可の申請)

第7条 研修会館を使用しようとする者は、邑楽町産業研修会館使用許可申請書(別記様式第1号)を使用予定日の1週間前までに管理者に提出しなければならない。ただし、緊急の場合はその限りではない。

(許可証の交付)

第8条 研修会館の使用を許可したときは、当該許可書を申請した者に、邑楽町産業研修会館使用許可書(別記様式第2号)を交付するものとする。

(使用者の義務)

第9条 管理者の許可を受け、研修会館を使用する者は次の各号に定める事項を遵守しなければならない。

(1) 研修会館の使用に当たっては、係員の指示に従わなければならない。

(2) 研修会館をその許可目的以外に使用し、又は使用する権利を他に譲渡若しくは転貸してはならない。

(3) 使用者は、故意又は過失により研修会館の施設設備及び器具等をき損し、又は滅失したときは、使用者においてこれを原状に復し、又は管理者の定める損害願を賠償しなければならない。

(使用料の納付)

第10条 研修会館の使用料は無料とする。ただし、個人使用の場合は別表に掲げる使用料をあらかじめ納付しなければならない。

(使用料の返還)

第11条 既納の使用料は、これを返還しない。ただし、第6条の使用前使用許可を取り消したときは、この限りでない。

(職員)

第12条 研修会館の管理に必要な職員をおくことができる。

(利用時間)

第13条 研修会館の利用時間は、次のとおりとする。ただし、管理者が認めた場合は、既定時間外においても利用することができる。

(1) 火曜日から土曜日は、午前9時から午後9時30分まで

(2) 日曜日は、午前9時から午後5時まで

(休館日)

第14条 研修会館の休館日は、次のとおりとする。ただし、管理者が特に認めたときはこの限りでない。

(1) 月曜日

(2) 年末年始の休日

(委任)

第15条 この条例に定めるもののほか、研修会館の利用に関し必要な事項は規則で定める。

附 則

この条例は、昭和60年11月1日から施行する。

附 則(平成17年条例第15号)

この条例は、平成17年4月1日から施行する。

別表

邑楽町産業研修会館使用料

区分

単位

金額

講堂兼研修室

1回につき

5,000円

会議室

500円

和室

500円

調理実習室

500円

画像

画像画像

邑楽町産業研修会館の設置及び管理に関する条例

昭和60年9月25日 条例第15号

(平成17年3月10日施行)