○邑楽町農村広場の管理及び運営に関する規則

昭和56年9月25日

規則第8号

(趣旨)

第1条 この規則は、邑楽町農村広場の設置及び管理等に関する条例(昭和56年邑楽町条例第16号。以下「条例」という。)第11条の規定に基づき邑楽町農村広場の管理及び運営について必要な事項を定めるものとする。

(使用時間)

第2条 農村広場の使用時間は、午前8時より午後5時30分までとする。ただし、町長が特に必要があると認めるときは使用時間を伸縮することができる。

(使用者の範囲)

第3条 農村広場を使用できる者は、町内の農業者若しくは農業者等の組織する団体又は健全な農村地域社会の発展に寄与するため町長が特に必要と認める団体等とする。

(使用許可の申請手続等)

第4条 条例第4条の規定により農村広場を使用しようとする者は、使用日の2日前までに農村広場使用許可申請書(以下「許可申請書」という。第1号様式)を町長に提出しなければならない。

2 町長は、第1項の許可申請書を受理したときは、これを審査し適当と認めたときは申請者に対し農村広場使用許可書(以下「使用許可書」という。第2号様式)を交付する。

3 前項の規定により使用許可書を受けた者は使用の際使用許可書を所持し、係員の要求があったときはこれを提示しなければならない。

(使用許可の取消し願等)

第5条 前条第2項の規定により使用許可を受けた者がその使用を取消しようとするときは、使用日の前日までに農村広場使用許可取消願書(第3号様式)を町長に提出しなければならない。

(備品の原状回復等)

第6条 使用者は、施設の使用を終わったときは備品等を所定の位置に戻し、点検確認をしなければならない。

(遵守事項)

第7条 使用者は、次の各号に掲げる事項を守らなければならない。

(1) 農村広場の清掃美化に務めること。

(2) 施設等の損傷又は滅失をしないこと。

(3) 所定の場所以外に出入しないこと。

(4) グランド内に諸車乗入をしないこと。

(5) 許可を受けないで物品の展示販売をしないこと。

(6) その他係員の指示に従うこと。

(補則)

第8条 この規則の実施について必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

様式 略

邑楽町農村広場の管理及び運営に関する規則

昭和56年9月25日 規則第8号

(昭和56年9月25日施行)