○邑楽町勤労青少年ホームの設置及び管理に関する条例施行規則

平成2年4月1日

規則第5号

(開館時間)

第2条 邑楽町勤労青少年ホーム(以下「青少年ホーム」という)の開館時間は、次のとおりとする。ただし、町長が特に必要と認めたときは、開館時間を変更することができる。

(1) 火曜日から土曜日は、午前9時から午後9時30分まで

(2) 日曜日は、午前9時から午後5時まで

(休館日)

第3条 青少年ホームの休館日は、次のとおりとする。

(1) 月曜日

(2) 年末年始の休日

2 町長は、特に必要があると認めたときは、前項の規定にかかわらず臨時に休館し又は休館日を変更することができる。

(利用の手続)

第4条 青少年ホームを利用しようとする者は、あらかじめ青少年ホーム利用証交付申請書(別記様式第1号)を町長に提出し、青少年ホーム利用証(別記様式第2号。以下「利用証」という。)の交付を受けなければならない。

2 利用者のうち、施設又は設備を専用して利用しようとする者は、あらかじめ青少年ホーム特別利用申請書(別記様式第3号)を町長に提出して、青少年ホーム特別利用許可書(別記様式第4号)の交付を受けなければならない。

(利用証の提示)

第5条 青少年ホームを利用しようとするときは、利用証を青少年ホームの係員に提示しなければならない。

(利用証の有効期間等)

第6条 利用証の有効期間は、2年以内とする。

2 利用証は、他人に貸与し、又は譲渡してはならない。

3 利用証の記載事項に変更を生じたときは、すみやかに届け出て、その記載の更生を受けなければならない。

(利用証の無効)

第7条 次の各号のいずれかに該当する利用証は、無効とする。

(1) 原形が確認できないほど破損し、又は汚損したもの

(2) 虚偽の申請により交付を受けたもの

(利用証の返納)

第8条 利用証の交付を受けたものが、条例第5条に規定する利用者の資格を失ったとき、又は利用証が無効若しくは不要となったとき、若しくはその有効期間が満了したときは、当該交付を受けた者は、すみやかに町長に利用証を返納しなければならない。

(守るべき事項)

第9条 青少年ホームの利用に当たっては、次の事項を遵守しなければならない。

(1) 他人に迷惑又は危害を及ぼすおそれのある物品及び動物の携行をしないこと。

(2) 所定の場所以外において、火気の使用、又は喫煙をしないこと。

(3) 許可を受けないで物品の展示、販売及び印刷物の掲示をしてはならない。

(4) その他利用については、職員の指示に従うこと。

(職員の立入り)

第10条 利用者は、職員が管理上の必要により入室するときは、これを拒むことができない。

(委員会の組織)

第11条 条例第10条の規定による邑楽町勤労青少年ホーム運営委員会(以下「委員会」という。)は、委員12人以内で構成する。

2 委員は、次に掲げる者のうちから町長が委嘱する。

(1) 関係行政機関の職員

(2) 事業主及び事業主団体の役員

(3) 利用者の代表

(4) 学識経験者

(任期)

第12条 委員会の委員の任期は2年とし、再任を妨げない。

2 補欠委員の任期は、前任者の残任期間とする。

(会長及び副会長)

第13条 委員会に会長及び副会長各1名を置き、委員の互選によって定める。

2 会長は、会務を総理し、委員会を代表する。

3 副会長は、会長を補佐し、会長に事故があるときは、その職務を代理する。

(会議)

第14条 委員会の会議(以下「会議」という。)は、会長が招集し、その議長となる。

2 委員会は、委員の過半数の出席がなければ会議を開くことができない。

3 会議の議事は、出席委員の過半数で決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。

(庶務)

第15条 委員会の庶務は、青少年ホームにおいて処理する。

(補則)

第16条 この規則に定めるもののほか必要な事項は、別に定める。

附 則

この規則は、平成2年4月1日から施行する。

附 則(平成17年規則第4号)

この規則は、平成17年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

邑楽町勤労青少年ホームの設置及び管理に関する条例施行規則

平成2年4月1日 規則第5号

(平成17年3月28日施行)