○邑楽町高齢者等配食サービス事業実施要綱

平成15年3月31日

要綱第5号

(目的)

第1条 この要綱は、ひとり暮らし高齢者等に対して、定期的に居宅を訪問して栄養のバランスのとれた食事を提供すること(以下「配食サービス」という。)により、食生活の安定と在宅生活維持向上を図ることを目的とする。

(実施及び運営)

第2条 この事業の実施主体は邑楽町とし、利用及びサービスの内容の決定を除き、この事業の一部を邑楽町社会福祉協議会に委託し、事業を実施するものとする。

(対象者)

第3条 配食サービスの利用対象者は、町内に住所を有し、次の各号のいずれかに該当する者とする。

(1) おおむね65歳以上の単身世帯、高齢者のみの世帯若しくはこれに準じる世帯に属する高齢者又は重度身体障害者若しくは重度知的障害者であって、調理が困難な者

(2) 町長が配食サービスの利用を必要と認めた者

(利用の申請)

第4条 配食サービスを受けようとする者は、邑楽町高齢者等配食サービス利用申請書(別記様式第1号)を町長に提出しなければならない。

(利用の決定)

第5条 町長は前条の申請を受けたときは、邑楽町高齢者等配食サービス調査票(別記様式第2号)に基づき申請者の生活実態等を調査し、配食サービス利用の可否を決定し、邑楽町高齢者等配食サービス利用決定(却下)通知書(別記様式第3号)により申請者に通知するものとする。

(事業内容)

第6条 配食サービスは夕食とし、原則月曜日から土曜日までの週6回を限度として利用者宅へ届けるものとする。

(費用)

第7条 町長は、邑楽町社会福祉協議会に対し、利用に要する経費として、1食につき400円及び利用者負担軽減相当額を支弁する。

(利用者負担)

第8条 配食サービス利用者は、調理に要する費用として、1食400円を負担するものとする。

(利用者負担の軽減)

第9条 町長は、次の各号に掲げるところにより、その利用者負担の2分の1を軽減することができるものとする。

(1) 生活保護法(昭和25年法律144号)に基づく被保護世帯であること。

(2) 利用者及びその生計中心者の所得が著しく低額で生活が困難であるとき。

(3) その他特別な理由により町長が必要と認めたとき。

(委任)

第10条 この要綱に定めるもののほか必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この要綱は、平成15年4月1日から施行する。

附 則(平成16年要綱第6号)

この要綱は、平成16年4月1日から施行する。

別記様式 略

邑楽町高齢者等配食サービス事業実施要綱

平成15年3月31日 要綱第5号

(平成16年3月25日施行)