○邑楽町立集会所設置運営管理条例施行規則

昭和50年3月25日

規則第3号

(目的)

第1条 この規則は、邑楽町立集会所設置運営管理条例(昭和50年邑楽町条例第19号)第12条の規定に基づき条例の施行について必要な事項を定めることを目的とする。

(使用許可申請)

第2条 集会所を使用しようとする者は、使用期日前5日までに邑楽町立集会所使用許可願(様式第1号)を町長に提出しなければならない。ただし、やむを得ない事由のある場合は、この限りでない。

(使用許可の順位)

第3条 使用の許可は、願出の順位による。ただし、町長において公益上必要と認めたときは、その順位を変更することができる。

(使用の許可)

第4条 町長は、集会所の使用を許可したときは、邑楽町立集会所使用許可証(様式第2号)を交付しなければならない。

(権利の譲渡等の禁止)

第5条 使用の許可を得た者は、その権利を他人に譲渡及び転貸しすることができない。

(許可証の提示)

第6条 使用の許可を得た者は、使用当日許可証を係員に提示しなければならない。

(使用制限及び設備)

第7条 町長が必要と認めたときは、入場人員その他使用の制限又は必要な設備を命ずることができる。

第8条 使用者は、係員の入場を拒むことはできない。

(遵守事項)

第9条 集会所を使用するものは、次に掲げる事項を守らなければならない。

(1) 使用の許可を受けた以外の場所又は器具類を使用しない。

(2) 係員の承認があった場合を除く外、建物その他の物件に釘付け又は貼紙をなし、その他汚損するおそれのある行為をしないこと。

(3) 所定外の箇所で火気を使用しないこと。

(4) 使用者はすべて係員の指示事項を守らなければならないこと。

(使用料の減免)

第10条 条例第7条による使用料の減免は、次の各号に定めるところによる。

(1) 官公庁が公用のため使用する場合

(2) 町の設置する機関又は公益団体が使用する場合

(3) 社会教育関係団体又は公益団体が集会所の目的に副う事業に使用する場合

(使用後の義務)

第11条 使用者は、その使用を終わったときは、使用したものすべてを原状に復し、清掃後係員に申し出て引渡しをしなければならない。

第12条 集会所使用のために要する費用は、使用者の負担とする。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

画像

画像

邑楽町立集会所設置運営管理条例施行規則

昭和50年3月25日 規則第3号

(昭和50年3月25日施行)