○邑楽町夜間照明施設の設置及び管理等に関する条例

昭和55年3月25日

条例第15号

(目的)

第1条 この条例は、邑楽町におけるスポーツの推進を図り、もって心身の健全な発達に寄与するため、運動施設に夜間照明施設(以下「照明施設」という。)を設置し、施設の管理及び運営を円滑にすることを目的とする。

(名称及び位置)

第2条 照明施設の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

邑楽町青少年広場夜間照明施設

邑楽町大字篠塚1411番地の2

邑楽町緑ケ岡公園夜間照明施設

邑楽町大字新中野127番地

(管理)

第3条 照明施設は、邑楽町教育委員会(以下「教育委員会」という。)が管理する。

(使用の許可)

第4条 照明施設を使用しようとする者(以下「使用者」という。)は、教育委員会の許可を受けなければならない。又変更、取消しについても同様とする。

2 教育委員会は、照明施設の管理上必要があると認めるときは、第1項の許可に条件を付することができる。

3 教育委員会は、許可を受けようとする使用者が、町内居住者以外のときは、許可をしないことができる。

4 教育委員会は、次の各号のいずれかに該当すると認められるときは、前項の許可をしてはならない。

(1) 公の秩序をみだし、又は風俗を害するおそれがあるとき。

(2) 照明施設、又は附帯する設備を損傷滅失するおそれがあるとき。

(3) 教育委員会が照明施設の管理上支障があると認めるとき。

(使用料)

第5条 照明施設の使用者は、別表に定める額の使用料を納付しなければならない。ただし、教育委員会が特別の事由があると認めるときは減免することができる。

(使用料の返還)

第6条 既に納付された使用料は、返還しない。ただし、特別の事由がある場合は教育委員会規則で定める。

(損害賠償)

第7条 照明施設の使用者が、故意又は過失により設備器具等をき損又は滅失したときは、原状に修復させるか若しくは、教育委員会の定める損害額を賠償しなければならない。

(委任)

第8条 この条例に定めるもののほか、必要な事項は教育委員会規則で定める。

附 則

この条例は、昭和55年4月1日から施行する。

附 則(平成17年条例第14号)

この条例は、平成17年4月1日から施行する。

附 則(平成23年条例第19号)

(施行期日)

1 この条例は、公布の日から施行する。

別表

名称

使用料及び時間

1時間以内

1時間以上30分増すごとに

スポーツ登録団体週1回2時間

邑楽町青少年広場夜間照明施設

500円

250円

年間 7,000円

邑楽町緑ケ岡公園夜間照明施設

邑楽町夜間照明施設の設置及び管理等に関する条例

昭和55年3月25日 条例第15号

(平成23年12月22日施行)

体系情報
第7編 育/第3章 社会教育
沿革情報
昭和55年3月25日 条例第15号
平成17年3月10日 条例第14号
平成23年12月22日 条例第19号