○邑楽町町民運動場管理規則

平成元年1月11日

教委規則第1号

(目的)

第1条 この規則は、邑楽町町民運動場の設置及び管理等に関する条例(昭和63年邑楽町条例第60号。以下「条例」という。)の規定に基づき、邑楽町町民運動場(以下「町民運動場」という。)の管理等に関して必要な事項を定めるものとする。

(利用時間)

第2条 町民運動場の利用の時間は、次のとおりとする。ただし、教育委員会が必要と認めたときは、その時刻を変更することができる。

(1) 開始 午前9時

(2) 終了 午後9時30分(ただし、日曜日は午後5時)

(休業日)

第3条 町民運動場の休業日は、次のとおりとする。

(1) 年末年始の休日

(2) 月曜日

2 教育委員会が特に必要があると認めるときは、施設の全部又は一部について、臨時に休業し、又は休業日であっても開業することができる。

(使用の許可の手続)

第4条 条例第4条の許可を受けようとする者は、使用期日3日前までに使用許可申請書(別記様式第1号)に使用料を添えて教育委員会に提出し、許可を受けなければならない。

2 使用者が、町民運動場の使用にあたり特別の設備をしようとするときは、あらかじめ教育委員会の承認を受けなければならない。

(使用許可書の交付)

第5条 教育委員会は、町民運動場の使用を許可した時は、使用許可書(別記様式第2号)を交付するものとする。

(使用の許可の取消し)

第6条 教育委員会は、使用者が次の各号のいずれかに該当する場合は、その使用を制限し、若しくは停止させ、又はその許可を取り消すことができる。この場合において、使用者が損害を受けることがあっても、教育委員会はその責を負わない。

(1) いつわり、その他不正な手段により、使用の許可を受けたとき。

(2) 条例第4条第2項各号のいずれかに該当したとき。

(3) 使用の許可に付した条件に違反したとき。

(使用料の減免)

第7条 条例第6条の規定による使用料を減額し、又は免除することができる場合は、次の各号のとおりとする。

(1) 町内教育関係団体の主催する体育レクリエーション等

(2) その他教育委員会が特に必要と認めたもの

(使用料の返還)

第8条 条例第7条の規定による特別の事由がある場合に定める使用料の返還は、次のとおりとする。

(1) 使用者の責に帰さない理由により使用することができないとき。

(2) 使用期日前2日までに使用の取消しをしたとき。

(委任)

第9条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、教育委員会の承認を得て教育長が定める。

附 則

この規則は、平成元年2月1日から施行する。

附 則(平成6年教委規則第5号)

この規則は、平成6年10月1日から施行する。

附 則(平成13年教委規則第3号)

この規則は、平成13年4月1日から施行する。

附 則(平成17年教委規則第6号)

この規則は、平成17年4月1日から施行する。

画像

画像

邑楽町町民運動場管理規則

平成元年1月11日 教育委員会規則第1号

(平成17年3月31日施行)

体系情報
第7編 育/第3章 社会教育
沿革情報
平成元年1月11日 教育委員会規則第1号
平成6年9月27日 教育委員会規則第5号
平成13年3月1日 教育委員会規則第3号
平成17年3月31日 教育委員会規則第6号