○邑楽町公民館の設置及び管理に関する条例施行規則

昭和56年12月25日

教委規則第1号

(目的)

第1条 この規則は、邑楽町公民館の設置及び管理に関する条例(平成24年邑楽町条例第3号。以下「条例」という。)の施行に関し、必要な事項を定めることを目的とする。

(事業)

第2条 公民館は、町民に対して社会教育法(昭和24年法律第207号。以下「法」という。)第22条に規定する事業(以下「事業」という。)を行うものとする。

(職員の職及び職務)

第3条 公民館に館長、主事、及びその他の職員をおく。

2 館長は、公民館の行う事業の企画、立案、その他必要な事務を行い所属職員を指揮監督し、公民館の管理運営を掌理する。

3 主事は、上司の命を受け公民館の事業の実施に当たる。

4 その他の職員は、上司の命を受け公民館の業務に従事する。

(公民館運営審議会)

第4条 条例に規定する公民館運営審議会(以下「審議会」という。)は館長の諮問に応じ、公民館における各種の事業の企画、実施について調査審議するものとする。

(審議会の組織)

第5条 審議会に審議会委員(以下「委員」という。)の互選により会長1名、副会長1名をおく。

2 会長は審議会の会議の議長となり、会務を総括する。

3 副会長は会長を補佐し、会長事故があるときはその職務を代行する。

4 審議会に書記をおく。書記は公民館職員の中から会長が選任し会議の事務を処理する。

(審議会の会議)

第6条 会議は、必要に応じ会長が招集する。

2 会議は、委員の半数以上が出席しなければ開くことができない。

3 会議の議事は、出席委員の過半数で決し、可否同数のときは議長の決するところによる。

(報告)

第7条 館長は、各月の事業計画及びその実施状況を教育長に報告しなければならない。

(委任)

第8条 この規則に定めるもののほか必要な事項は、教育委員会にはかり館長が別に定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成24年教委規則第1号)

この規則は、平成24年4月1日から施行する。

邑楽町公民館の設置及び管理に関する条例施行規則

昭和56年12月25日 教育委員会規則第1号

(平成24年4月1日施行)

体系情報
第7編 育/第3章 社会教育
沿革情報
昭和56年12月25日 教育委員会規則第1号
平成24年3月9日 教育委員会規則第1号