○邑楽町交通安全指導員設置条例

昭和43年12月24日

条例第21号

(目的)

第1条 この条例は、邑楽町における道路交通(以下「交通」という。)の安全を保持するため、交通安全指導員(以下「指導員」という。)を設置し任命及び報酬について定めることを目的とする。

(任務)

第2条 指導員は、邑楽町長の命令により警察機関及び交通安全推進機関、団体等の緊密な連けいを図り、交通の安全指導を行い、もって交通秩序の確立及び交通事故の防止に努めるものとする。

(任命)

第3条 指導員は、本町に居住する者のうちから人格円満、身体強健であって、交通安全に熱意を有し、かつ、指導力のあるものを任命する。

(任期)

第4条 指導員の任期は、3年とする。

2 指導員は、再任されることができる。

(身分)

第5条 指導員は、町の特別職の非常勤とする。

(報酬)

第6条 指導員の報酬は、邑楽町特別職の報酬、費用弁償条例の定めるところによる。

(貸与品)

第7条 指導員には次に掲げる物品を貸与する。

制服、帯革、帽子、手袋、雨衣、長靴、笛

2 指導員が退職又は死亡したときは、前項の貸与品を返納しなければならない。

(委任)

第8条 この条例の施行に関し必要な事項については、規則で定める。

附 則

この条例は、昭和44年1月1日から施行する。

附 則(昭和46年条例第8号)

この条例は、昭和46年4月1日から施行する。

附 則(昭和47年条例第3号)

この条例は、昭和47年4月1日から施行する。

附 則(昭和48年条例第4号)

この条例は、昭和48年4月1日から施行する。

附 則(昭和49年条例第4号)

この条例は、昭和49年4月1日から施行する。

附 則(昭和50年条例第15号)

この条例は、昭和50年4月1日から施行する。

附 則(昭和52年条例第6号)

この条例は、昭和52年4月1日から施行する。

附 則(昭和53年条例第9号)

この条例は、昭和53年4月1日から施行する。

附 則(昭和55年条例第4号)

この条例は、昭和55年4月1日から施行する。

附 則(昭和56年条例第5号)

この条例は、昭和56年4月1日から施行する。

附 則(昭和57年条例第18号)

この条例は、昭和57年10月1日から施行する。

邑楽町交通安全指導員設置条例

昭和43年12月24日 条例第21号

(昭和57年9月25日施行)

体系情報
第3編 行政一般/第1章 組織・処務
沿革情報
昭和43年12月24日 条例第21号
昭和46年3月31日 条例第8号
昭和47年2月12日 条例第3号
昭和48年3月29日 条例第4号
昭和49年3月22日 条例第4号
昭和50年3月25日 条例第15号
昭和52年3月25日 条例第6号
昭和53年3月15日 条例第9号
昭和55年3月25日 条例第4号
昭和56年3月4日 条例第5号
昭和57年9月25日 条例第18号