ホーム > 町政情報 > 行政情報 > 選挙 > 10月22日は衆議院議員総選挙・最高裁判所裁判官国民審査です­

ここから本文です

10月22日は衆議院議員総選挙・最高裁判所裁判官国民審査です­

10月22日(日曜日)に衆議院議員総選挙と最高裁判所裁判官国民審査が行われます。
選挙は私たちの意見を政治に反映する大きな機会です。必ず投票しましょう。

衆議院議員総選挙投開票速報のページへ

群馬県選挙管理委員会ホームページ

投票日・時間

投票日 平成29年10月22日(日曜日)
投票時間 午前7時~午後8時

投票場所

投票場所と投票区域は、以下のとおりです。

投票所別対象地区

 
投票区 投票所名 対象地区
第1投票区 邑楽町公民館 天王元宿、十三坊塚、上下西宿、前瀬戸宿、千原田向地
第2投票区 邑楽町立集会所 横町化楽、光善寺、新中野
第3投票区 明野公民館 前谷東原、鶉新田、明野、下中野(1~6班、12・13班)
第4投票区 鶉区民館 鶉上、鶉下、下中野(7~11班、51班)
第5投票区 邑楽町役場 前原
第6投票区 11区公民館 谷中蛭沼、住谷崎
第7投票区 高島幼稚園 藤川、秋妻、一本木
第8投票区 邑楽町勤労青少年ホーム
(ヤングプラザ)
大根村琵琶首、渋沼、石打
第9投票区 邑楽町産業研修会館
(長柄公民館)
坪谷、水立大黒
第10投票区 第25区ふれあいセンター 西ノ根宮内中島、馬場大林、寺中
第11投票区 狸塚総合研修センター 十三軒、店高原、本郷江原
第12投票区 赤堀転作促進集落センター 古家十軒、大谷端宿赤東、開拓

投票所一覧

投票できる人

日本国民で下記の要件を満たした人

年齢要件

投票日に満18歳以上の人(平成11年10月23日以前に生まれた人)

住所要件

選挙人名簿の選挙時登録時点(平成29年10月9日現在)において、邑楽町に引き続き3か月以上在住している人
(平成29年7月9日以前から邑楽町の住民基本台帳に引き続き記録されている人)

上記の要件を満たした人には、町選挙管理委員会から投票所入場券が送付されます。

持ち物

投票所入場券

投票所入場券が届かない場合や、なくしてしまったときは、町選挙管理委員会にご連絡ください。なお、同一世帯にお住まいのかたでも、配達の都合により入場券の到着が前後する場合があります。

期日前投票

投票日に仕事やレジャーなどで投票所で投票できない人は、前もって期日前投票をすることができます。

期間 10月11日(水曜日)~10月21日(土曜日)
時間 午前8時30分~午後8時
場所 邑楽町役場1階ロビー
※入場券をお待ちください。

宣誓書提出

期日前投票をする際には、投票日当日に選挙に行けない理由等を「宣誓書」に記載し、提出していただく必要があります。投票所入場券の裏面をこの宣誓書としてご利用いただけますので、あらかじめ必要事項をご記入いただくと手続きが大変スムーズになります。また、期日前投票所に備え付けられている宣誓書または下記よりダウンロードし、印刷した宣誓書をご利用いただくこともできます。

期日前投票 宣誓書 PDFファイル(71KB)

不在者投票

病院や施設での不在者投票

県選挙管理委員会の指定した病院や施設などに入院、または入所している人は不在者投票をすることができます。病院長または施設長に申し出てください。

郵便による不在者投票

身体が不自由で投票に行けない人のために、郵便で投票できる制度があります。
該当する人は事前に申請してください。

 
対象 要介護状態区分が要介護5の人や身体障害者手帳、または戦傷病者手帳の交付を受けている重度の身体障害者
申請方法 所定の申請書に必要事項を書いて、介護保険の被保険者証や身体障害者手帳・戦傷病者手帳を添えて申請する
※申請書は、町選挙管理委員会にあります。
申請・問合せ先 邑楽町選挙管理委員会(役場総務課内) 47-5002

遠隔地の他市区町村(滞在地)での不在者投票

長期出張や出産などにより他市区町村に滞在しているため、投票日や期日前投票期間中に邑楽町の投票所に行くことが出来ない人は、滞在する市区町村の選挙管理委員会において不在者投票をすることができます。
この投票方法を希望する方は、下記の「宣誓書兼請求書」をダウンロード・印刷して、必要事項を記入のうえ、邑楽町選挙管理委員会に郵送または直接持参してください。(ファクシミリや電子メールでの請求は認められていません。)

請求は公示日より受け付けておりますので、お早めに手続きしてください。

【送付先】
〒370-0692(住所不要)
邑楽町役場内 邑楽町選挙管理委員会委員長 宛て

不在者投票 宣誓書兼請求書 PDFファイル(77KB)

在外投票について

仕事や留学等で海外に住んでいる人が、外国にいながら国政選挙に投票できる制度を「在外選挙制度」といい、これによる投票を「在外投票」といいます。
なお、在外投票を行うためには、あらかじめ「在外選挙人名簿」への登録を申請し、「在外選挙人証」の交付を受ける必要があります。

被登録資格

年齢満18歳以上の日本国民で、その人の住所を管轄する在外公館(日本大使館や日本総領事館)の管轄区域内に引き続き3ヶ月以上住所を有する人です。

登録申請

申請者本人又は申請者の同居家族等が、直接、お住まいの住所を管轄する在外公館の領事窓口に申請してください。申請に必要な書類及び窓口時間等は在外公館にお問い合わせください。

詳しくは下記の外務省ホームページをご覧いただくか、在外公館または名簿登録地の市区町村選挙管理委員会にお問い合わせください。

在外選挙・国民投票(外務省ホームページ)

インターネット等を利用した選挙運動について

インターネット等を利用して選挙運動を行うことについて、一部解禁する改正公職選挙法が平成25年4月に公布されました。インターネット等を利用した選挙運動の詳細については、下記の総務省及び群馬県ホームページをご覧ください。

インターネット選挙運動の解禁に関する情報(総務省ホームページ)

【有権者の皆様へ】インターネット等を利用した選挙運動の一部解禁について(県ホームページ)

 

お問い合わせ先

邑楽町選挙管理委員会(総務課内)  general@swan.town.ora.gunma.jp

電話:0276-47-5002(直通)  FAX:0276-89-0136  お問い合わせフォーム

 

ページの先頭へ