ホーム > 町政情報 > 行政情報 > 公的資金補償金免除繰上償還

ここから本文です

公的資金補償金免除繰上償還

この制度は、行政改革などに取り組んでいる地方公共団体を対象に、公債費負担の軽減を図るため、2007(平成19)年度から2009(平成21)年度までの3年間、高金利(5%以上)の公的資金借入金(旧資金運用部資金、旧簡易生命保険資金、旧公営企業金融公庫資金)を繰上償還する場合に補償金が免除されるものです(通常、借り入れた資金を途中で繰上償還する場合、補償金を支払わなければなりません)。また、繰上償還の財源として、低金利の資金に借り換えることができることから、将来の公債費負担を軽減することができます。
邑楽町では、一般会計及び下水道事業特別会計、水道事業会計において、借り換えを伴う繰上償還を実施することとなりました。各会計の利子の軽減見込額は、下表のとおりです。

公的資金補償金免除繰上償還における利子軽減見込額

(単位:千円)
会計区分 借換前利子残高(A) 借換後利子償還(予定)額(B) 軽減見込額(A-B) 借換年度
一般会計 4,125 1,033 3,092 2007(平成19)~2008(平成20)年度
下水道事業特別会計 5,744 1,944 3,800 2007(平成19)~2009(平成21)年度
水道事業会計 81,194 12,396 68,798 2007(平成19)年度

公的資金補償金免除繰上償還に係る財政健全化計画等の策定

この繰上償還は、一般会計においては財政健全化計画、下水道事業特別会計及び水道事業会計においては公営企業経営健全化計画が、国に承認された場合に実施することができます。邑楽町では、下記のとおり計画を作成し、国の承認が得られました。

財政健全化計画等の執行状況

 上記計画について、2007(平成19)年度決算に基づき下記のとおりフォローアップ用計画を作成しました。フォローアップ用計画とは、既に承認を受けた財政健全化計画等の執行状況を確認するもので、2007(平成19)年度決算を反映させ、目標値と実績値を比較することを目的として作成したものです。

 

お問い合わせ先

総務課  general@swan.town.ora.gunma.jp

電話:0276-47-5004(直通)  FAX:0276-89-0136  お問い合わせフォーム

 

ページの先頭へ